高野孟
著者のコラム一覧
高野孟ジャーナリスト

1944年生まれ。「インサイダー」編集長、「ザ・ジャーナル」主幹。02年より早稲田大学客員教授。主な著書に「ジャーナリスティックな地図」(池上彰らと共著)、「沖縄に海兵隊は要らない!」、「いま、なぜ東アジア共同体なのか」(孫崎享らと共著」など。メルマガ「高野孟のザ・ジャーナル」を配信中。

辻褄あわせ 高齢者接種も“やってるフリ”のワクチン後進国

公開日: 更新日:

 さらに不安なのは、本来は最優先されるはずだった医療関係者480万人への2回接種がいまだに1割強にとどまっていて、場合によると高齢者に注射をする医療関係者が未接種という笑えない事態が広がる危険がある。「なぜこんなことに?」と旧知の厚労省医務技官に問うと、「菅義偉首相が4月から高齢者の接種を始めると公言してしまったので、辻褄あわせに、高齢者向けを形だけでも『やっているフリ』をしなければならなくなってしまった」のだと嘆く。

 さあて、そこで問題です。こんな「ワクチン後進国」ぶりを国内の翼賛マスコミは徹底追及しないが、国際的には広く知られたことで、そういう国にこの7~8月、全世界のアスリートはじめ団体役員・審判団・マスコミ・観客の誰が喜んで来訪するのだろうか。無観客ならどうだとかいう前に、そもそも世界トップクラスのスター選手をはじめアスリートたちが「ワクチン後進国」には行きたくないと言い出した時に、菅はそれを説得する言葉を持っているのだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ココイチのバイトテロ「バカ投稿」代償はとてつもなく高い

  2. 2

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  3. 3

    「林死刑囚は無罪」元大阪高裁判事が再審を請求したワケ

  4. 4

    元AKBが独学で開業した繁盛ラーメン店の「味の秘密」<1>

  5. 5

    パソナ1000%の衝撃!コロナと五輪でボロ儲けのカラクリ

  6. 6

    朝乃山に永谷園NG!CM契約解除は序の口、今後は針のムシロ

  7. 7

    田中みな実"チェーン店NG"に大倉忠義が放った父想いの一言

  8. 8

    31歳差で3度目…山寺宏一なぜアラサーとばかり結婚する?

  9. 9

    また五輪“特権扱い” サーフィン会場でドンチャン騒ぎ容認

  10. 10

    今田美桜「恋ぷに」大コケも…“次世代ヒロイン”に躍り出た

もっと見る