保阪正康
著者のコラム一覧
保阪正康作家

1939年、北海道生まれ。同志社大卒。編集者を経て「死なう団事件」でデビュー。「昭和天皇」など著書多数。2004年、一連の昭和史研究で菊池寛賞。本連載「日本史 縦横無尽」が新書版「陰謀の日本近現代史」(朝日新聞出版)として好評発売中。

政友会総裁の原敬は対中国外交を強く批判した

公開日: 更新日:
原敬(=左、国立国会図書館所蔵画像/共同通信イメージズ)は、犬養毅(日本電報通信社撮影)とも連携した

 21カ条要求を突きつけた日本政府について、国内ではどのような反応があったのだろうか。さらに中国国内の孫文を中心とする反袁世凱の勢力は、この要求にどのような反応を示したのか。そのことについて触れておくことにしたい。第1次世界大戦の折に、極東アジアではヨーロッパ各国とは異なる次元の…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  2. 2

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  3. 3

    大阪・松井市長は緊急事態宣言解除後に「ジム通い」を再開

  4. 4

    グローバルダイニングが黒字転換 都に反発し店は大盛況

  5. 5

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  6. 6

    ピーチ“マスク拒否男” 直撃取材の1週間後に飲食店で大暴れ

  7. 7

    たいめいけん茂出木浩司シェフ 新店舗のキッチンは私の夢

  8. 8

    結婚がしたい…コロナ後遺症で障害者になった50代男性の苦悩

  9. 9

    世界が「五輪中止せよ!」の大合唱 菅政権ゴリ押しの異様

  10. 10

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

もっと見る