焦る菅政権…大規模接種で全国に“ワクチン詣で”拡大の矛盾

公開日: 更新日:

 菅政権の“迷走”が止まらない。自衛隊が東京・大阪で運営する新型コロナワクチンの大規模接種センターを巡り、今度は対象地域の全国拡大を打ち出した。これまで首都圏の1都3県、関西圏の2府1県に限定してきたが、この枠を取っ払う。接種対象である65歳以上の高齢者を東阪に集める狙いだ。

 加藤官房長官は10日の会見で、全国拡大について「多くの方にワクチンを打っていただくという観点のみならず、自治体の負担を軽減する観点からも重要」などと、もっともらしい理屈を並べていたが、拡大の理由は単に予約が全然埋まらないからだ。

 防衛省によると、東京の「予約空き枠」は10日午前10時時点で、接種期間が今月14~20日は70.8%、21~27日は91.1%。11万人以上の空きがある状態だ。

 菅首相がブチ上げた「11月接種完了」に間に合わせる魂胆も透けるが、東京も大阪も今は緊急事態宣言下。国民に「県境を越える移動を避ける」「人流抑制」を訴える一方、全国からの“ワクチン詣で”を呼び掛けるのだから矛盾している。昭和大医学部客員教授の二木芳人氏(臨床感染症学)がこう言う。

「せっかく感染状況が落ち着いてきているのだから、人流をさらに抑えないといけない。全国から高齢者を集めること自体、むちゃな話ですし、地元のかかりつけ医に打ってもらった方が安心です。接種に焦る気持ちが落ち着けば、予約が埋まらないことは予想できたはず。職域接種に人員を割くなど、方針転換すべきです」

インド株が全国拡大の恐れ

 加藤官房長官は全国からの往来について「感染対策をしっかりやっていくのは当然」と説明したが、人流が増えれば感染リスクが高まるのは必至。感染力が英国株の1.6倍といわれるインド株が、逆に全国に広がる恐れがある。

 成人の77%が1回はワクチン接種を終えた英国でさえ、インド株による感染が拡大している。1日の新規陽性者は一時2000人を下回ったものの、9日には7500人を突破。入院患者は1週間で10%増加した。ワクチン接種で後れを取る日本はなおさら、対岸の火事では済まない。

「今月中に東京か大阪で1回目を打っても、また4週間後に会場に行かなければなりません。2回目の接種は東京五輪の大会期間とかぶるでしょうから、人流増による混乱は避けられないでしょう」(二木芳人氏)

 政権の場当たり対応にはもう、ウンザリだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    プーチン大統領哀れ四面楚歌…北欧2カ国NATO加盟に余裕の笑みも軍事同盟国が“仲間割れ”

    プーチン大統領哀れ四面楚歌…北欧2カ国NATO加盟に余裕の笑みも軍事同盟国が“仲間割れ”

  2. 2
    日本ハム野村佑希が顔面死球で流血退場してもアッサリ 新庄監督の怖いくらいの“シビアな目”

    日本ハム野村佑希が顔面死球で流血退場してもアッサリ 新庄監督の怖いくらいの“シビアな目”

  3. 3
    ロシア国内で「万引き急増」のナゼ…ウクライナ侵攻後に多発、買い物カゴごと盗む大胆さ

    ロシア国内で「万引き急増」のナゼ…ウクライナ侵攻後に多発、買い物カゴごと盗む大胆さ

  4. 4
    和田アキ子が出産した石原さとみから「電話ない」と発言…関係者が憂慮する“2人の溝”

    和田アキ子が出産した石原さとみから「電話ない」と発言…関係者が憂慮する“2人の溝”

  5. 5
    NHK朝ドラ「ちむどんどん」正念場…識者も「おとぎ話すぎる」「絵空事に見える」と超辛口

    NHK朝ドラ「ちむどんどん」正念場…識者も「おとぎ話すぎる」「絵空事に見える」と超辛口

もっと見る

  1. 6
    日本ハム最下位低迷&観客動員数ワーストでもBIGBOSS効果は絶大!育成と勝利の両立が形に

    日本ハム最下位低迷&観客動員数ワーストでもBIGBOSS効果は絶大!育成と勝利の両立が形に

  2. 7
    ロシア軍が地上戦力3分の1損失の深刻…プーチン大統領が“禁じ手”少年兵15万人動員か

    ロシア軍が地上戦力3分の1損失の深刻…プーチン大統領が“禁じ手”少年兵15万人動員か

  3. 8
    フジ木曜劇場が攻めに転じた? 土屋太鳳「やんごとなき一族」“いかにも感”で開き直り

    フジ木曜劇場が攻めに転じた? 土屋太鳳「やんごとなき一族」“いかにも感”で開き直り

  4. 9
    広島・遠藤淳志“自業自得”プロ初完封逃す…9回表に打者で遊ゴロ→一塁まで全力疾走

    広島・遠藤淳志“自業自得”プロ初完封逃す…9回表に打者で遊ゴロ→一塁まで全力疾走

  5. 10
    ウクライナ出身女性 射撃の金メダリストが国家警備隊への入隊決意!

    ウクライナ出身女性 射撃の金メダリストが国家警備隊への入隊決意!