コロナ禍2度目のお中元 フカヒレなど「ぜいたく食材」人気

公開日: 更新日:

 新型コロナの感染拡大後、2度目となるお中元商戦がスタートした。百貨店各社は、オンライン購入を促す昨年からの取り組みを強化。新たに動画による商品紹介を取り入れたほか、「巣ごもり」生活で人気の自宅向け高級食材を充実させた。

 三越伊勢丹ホールディングスはネット通販で、カタログに記載されたQRコードをスマートフォンなどで読み取れば商品の説明動画を見られるようにした。これが奏功してか、お中元商戦は「非常に好調な滑り出しだ」(ギフト担当者)という。

 松屋銀座(東京)は、ネット通販の品ぞろえを前年より2割増やした。オンライン会員として登録すれば送料無料などの特典を受けられるサービスで利用を促す。商品は、自分用に加えて健康志向の食材を中心に拡充した。

 東武百貨店池袋本店(東京)は、ネット通販に不慣れな客が担当者と電話でやりとりしながらパソコン上で買い物ができる画面共有サービスを導入。定番の洋菓子や10年間寝かせた福島の地酒、宮城産フカヒレステーキなど「自宅用のぜいたく食材が好調だ」(広報部)という。

 そごう・西武では、コロナ禍で帰省できない客が実家に贈るための高級商品が売れ筋だ。アラスカ産シーフードも人気が高い。担当者によると、漁獲量を厳しく管理して資源の枯渇を防ぐ「サステナブル(持続可能)」な商品として30~40代の客に支持されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池知事ドリフ固執 そして都庁は「8時だョ!全員残業中」

  2. 2

    小池都知事イライラMAX!報道に「PV中止」抜かれブチ切れ

  3. 3

    ワクチン副反応で新たな混乱“アセトアミノフェン薬”が品薄

  4. 4

    菅首相G7サミットでポツンとひとり…際立った薄すぎる存在

  5. 5

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  8. 8

    巨人「出戻り山口俊」補強は原監督の悪手…OBから苦言続々

  9. 9

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  10. 10

    佐藤健の相手に満島ひかりが浮上も「結婚を考えられない」

もっと見る