溝口敦
著者のコラム一覧
溝口敦ノンフィクション作家、ジャーナリスト

1942年7月5日生まれ。早大政経卒 徳間書店、博報堂勤務を経て、フリージャーリストに。暴力団や闇の世界に深く食い込んだド迫力ルポには定評がある。『食肉の帝王』で第25回講談社ノンフィクション賞受賞、日本ジャーナリスト会議賞受賞。『暴力団』(2011年)がベストセラーに。

山健組・西川若頭が新型コロナで死亡…分裂抗争は攪乱情報が飛び交う謀略戦の様相

公開日: 更新日:

 山口組の分裂抗争では各派とも、ここ当分、音を鳴らせないだろうという見方で一致しているようだ。音が鳴るのはオリパラが閉幕する9月初旬以降だろう、と。もちろん抗争継続への世論の反発を考えてのことである。

 今に始まったことではないが、各派とも中間層以下はシノギに苦しんでいる。とりわけ飲食店がらみ、みかじめ料や用心棒代が主たる資金源の組員、外で物を売るテキ屋系組員の打撃は大きく、今や極貧状態に落ち込んでいる。

 ヤクザが新型コロナに感染しやすいとはいえないが、40代以上は持病を抱える者が多い。肝臓や腎臓、心臓を病んでいる者、脳血栓を持っている者、糖尿病や透析をやっている者などは抵抗力がなく、あっけなく息を引き取るケースが多いという。

 6月6日には五代目山健組の西川良男若頭(六代目健竜会会長)が新型コロナで死んだ。ご存じの通り、同組の中田浩司組長は神戸の弘道会施設前で弘道会系組員を自ら銃撃した容疑で逮捕、拘束されており、西川若頭の死で首脳部2人が不在となった。

 そのような折、一度は神戸山口組を脱出、六代目山口組に走って弘道会・竹内照明組長の預かりになっていた山健組系の幹部が高山清司若頭の指示で率いる組ごと五代目山健組に戻そうという話が発生した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

  2. 2
    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

  3. 3
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  4. 4
    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

  5. 5
    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

  1. 6
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 7
    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

  3. 8
    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

  4. 9
    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

  5. 10
    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか

    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか