米大統領選 「もしトラ」に世界が戦慄 勝者的中教授が予測「現状はバイデン優位」ってホント?

公開日: 更新日:

 11月の米大統領選に向けた共和党の候補者指名レースは、15州の選挙が集中した5日の「スーパーチューズデー」でトランプ前大統領が14州で勝利。トランプの指名獲得が事実上、確定し、本選でバイデン大統領と2度目の一騎打ちとなることがほぼ確実になった。

 調査会社「イプソス」の2月の調査によると、支持率はトランプ37%に対し、バイデンは34%。僅差ではあるが、現実味を帯びる「もしトラ」に世界中が身構えている。

 そんな中、「バイデン優位」の見立てを披露しているのが、過去40年間の大統領選で勝者をほぼ的中させてきたアメリカン大学の歴史学者アラン・リクトマン教授だ。2016年の大統領選で大半の研究者がヒラリー・クリントン元米国務長官の勝利を予測する中、トランプ勝利を言い当てた実績がある。時事通信(7日配信)の取材に「現時点でバイデン氏が優位」と明かしている。

 リクトマン教授は、勝者予測で「イエス」か「ノー」で答えられる13の指標を用いる。バイデンの勝利には最終的に8つ以上の「イエス」が必要で、そうでなければトランプの勝利が予想される。指標は、①中間選挙で与党が勝利②予備選で対抗馬がいない③現職──など。現状、バイデンの「イエス」は6指標で、トランプは2指標だけ。そのため「バイデン優位」とはじき出しているのだ。

最新の政治・社会記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 2

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  3. 3

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  4. 4

    東国原英夫氏は大絶賛から手のひら返し…石丸伸二氏"バッシング"を安芸高田市長時代からの支持者はどう見る?

  5. 5

    都知事選落選の蓮舫氏を「集団いじめ」…TVメディアの執拗なバッシングはいつまで続く

  1. 6

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  3. 8

    ソフトバンク「格差トレード」断行の真意 高卒ドラ3を放出、29歳育成選手を獲ったワケ

  4. 9

    “卓球の女王”石川佳純をどう育てたのか…父親の公久さん「怒ったことは一度もありません」

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方