著者のコラム一覧
春名幹男国際ジャーナリスト

1946年生まれ。元共同通信特別編集委員。元名大教授。ボーン・上田賞受賞。著書に「秘密のファイル CIAの対日工作」など。

トランプを含む多くの共和党議員が「プーチンの右派独裁的国家主義」にイデオロギー的に共感?

公開日: 更新日:

【トランプ復活でカオス化する世界】(下)

 共和党の予備選挙で連勝し、指名が確実なトランプ前米大統領が本選でも勝てば、米国は「想定不可能なダメージ」を受ける。

 オバマ元大統領に近いエリック・ホルダー元司法長官はそう語る。米紙USAトゥデーによるとオバマも「同じ考え」のようだ。

 同紙の最新の全米支持率調査ではトランプが39%、バイデン大統領が37%。予備選で他に有力候補がいないバイデンはミシガン州で81%得票したが、同時に「支持候補なし」との投票が異例の13%もあった。

 アラブ系住民がバイデン政権のパレスチナ政策不信を態度で示した。ウクライナ支援も難航し、高齢の問題や失言が続いて、有権者の支持は当面取り戻せそうにない。

 取りざたされる代替候補の名前は昨年来、カリフォルニア州のギャビン・ニューサム、ミシガン州のグレッチェン・ウィットマー両知事ら同じ顔ぶれ。不出馬の理由も「バイデン氏を支持しているから」と同じだ。

 しかし今回の大統領選は歴史的にきわめて重要だ。トランプを勝たせると、最強の軍隊を持つ米国がロシアと緊密な関係になってしまう恐れがあるからだ。

 ジョン・ブレナン元米中央情報局(CIA)長官やジェームズ・クラッパー元国家情報長官らは、トランプが何らかの理由で、ロシアのプーチン大統領に事実上操られているとの印象をメディアに明らかにしている。

 具体的な証拠は不明だが、ジョン・ボルトン元大統領補佐官は自著に奇妙な事実を書いている。ヘルシンキで行われた2018年の米ロ首脳会談で、トランプは通訳に、一切ノートに記録するなと指示したというのだ。

 そもそもトランプはロシアによる16年大統領選介入の捜査で十分な協力をしていない。

 また、現在の共和党の内部でプーチンを「イデオロギー的同盟者」とみる下院議員のグループが行動を始めたという。ニューヨーク・タイムズ紙が報じた。

 米国ではこれまで数十年間、民主・共和両党間で超党派的なコンセンサスが成立していたが、トランプを含め多くの共和党議員は「プーチンの右派独裁的国家主義」にイデオロギー的シンパシーを持っているというのだ。まさに「共和党プーチン派」と言える。対ウクライナ追加軍事援助をブロックしたのは彼らだ。

 トランプが再選されれば、さらにNATO条約の義務を放棄する可能性がある。トランプ政権末期には駐ドイツ米軍部隊の撤退を決め、バイデン政権がそれを撤回した事実もある。

 トランプ再選を阻む可能性があるのは、トランプを被告とする4つの裁判だ。しかし、トランプ陣営は判決を投票日以後に遅延させようと躍起になっている。大統領になれば起訴取り下げも可能になるからだ。 (おわり)

【プレミアム会員限定】春名幹男オンライン講座 動画公開中

 https://www.nikkan-gendai.com/articles/columns/4592

■関連キーワード

最新の政治・社会記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  2. 2

    菊池風磨、亀梨和也は結婚も? スピリチュアル霊能者が2024年芸能界下半期をズバリ占う!

  3. 3

    巨人・桑田真澄二軍監督が「1人4役」大忙し…坂本勇人を感激させた“斬新アドバイス”の中身

  4. 4

    町田ゼルビア黒田剛監督は日本サッカー界の風雲児か? それともSNSお祭り炎上男か?

  5. 5

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  1. 6

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  2. 7

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    指原莉乃が筆頭、元“神7”板野友美も参入 AKB48卒業生のアイドルプロデュースが増加する背景

  5. 10

    「サマージャンボ宝くじ」(連番10枚)を10人にプレゼント