著者のコラム一覧
春名幹男国際ジャーナリスト

1946年生まれ。元共同通信特別編集委員。元名大教授。ボーン・上田賞受賞。著書に「秘密のファイル CIAの対日工作」など。

トランプ政権再発足なら「独裁色」強める体制へ…司法省を利用して政敵に報復も

公開日: 更新日:

【トランプ復活でカオス化する世界】(中)

 トランプ前米大統領にとって3回目の大統領選挙でも、その毒舌は相変わらずだ。

「移民はわが国の血を毒する」「政敵は害獣だ」と言ってのけ、「外国人憎悪。ナチスのようだ」と批判された。問題は、そんな悪口雑言をどう政策的に実現するかだ。

 本人は、移民を厳しく取り締まり、難民の米国定住を停止する対策に言及している。

 そんな中で注目されたのは、政敵に対する「刑事訴追」と「司法省の政治利用」という問題だ。

 トランプ政権で要職を占め、その後トランプ批判に転じた人たち、例えばウィリアム・バー元司法長官やジョン・ケリー元大統領首席補佐官、マーク・ミリー前統合参謀本部議長らの名前を挙げて、報復・追及の標的にする構えを示している。

 司法省をそんな目的で利用すれば、「政治警察」になる。ロシアのプーチン大統領をまねるのだろうか。

■選対に実績のプロ人材

 それではトランプ選対本部の陣容と、政権奪取後にどのような体制を組み立てるのか、米国内で明らかになった情報から分析してみたい。

■関連キーワード

最新の政治・社会記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  2. 2

    菊池風磨、亀梨和也は結婚も? スピリチュアル霊能者が2024年芸能界下半期をズバリ占う!

  3. 3

    巨人・桑田真澄二軍監督が「1人4役」大忙し…坂本勇人を感激させた“斬新アドバイス”の中身

  4. 4

    町田ゼルビア黒田剛監督は日本サッカー界の風雲児か? それともSNSお祭り炎上男か?

  5. 5

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  1. 6

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  2. 7

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    指原莉乃が筆頭、元“神7”板野友美も参入 AKB48卒業生のアイドルプロデュースが増加する背景

  5. 10

    「サマージャンボ宝くじ」(連番10枚)を10人にプレゼント