北朝鮮の“汚い北風”に韓国ブチ切れ!宣伝放送攻勢で一触即発まねいた9年前より事態は深刻

公開日: 更新日:

 北朝鮮がまた「汚物風船」を大量に飛ばし、対応に追われる韓国は9日、対抗措置のレベルを引き上げた。北朝鮮が最も嫌がる宣伝放送の再開を決定。南北軍事境界線付近に大型の拡声器を設置し、流し始めた。朝鮮半島は絵に描いたような安全保障のジレンマに陥っている。

 今回のにらみ合いの発端は、韓国の脱北者団体によるビラ散布だ。先月10日、軍事境界線近くから北朝鮮に向け、金正恩朝鮮労働党総書記を批判するビラ30万枚と、Kポップ動画などを保存したUSBメモリー2000個を大型風船20個につけて飛ばした。

 激怒した北朝鮮は28日以降、ごみや糞などが入った「3500個の風船」(北朝鮮国防次官)を飛ばし返し。すると脱北者団体は金正恩に求めていた謝罪が実行されないとして今月6日、前回同様の風船10個を北朝鮮へ飛ばした。

「気象条件などから9日に北が対抗措置を取ることが予想されたため、関係当局は〈日曜に北風が吹いてくる〉と構え、韓国軍は全部隊が休日返上で勤務にあたり、非常警戒態勢を敷いています」(韓国メディア関係者)

 保守系の尹錫悦政権発足以降、南北関係は再び悪化。2018年に結んだ南北軍事合意の効力停止を4日に決めて宣伝放送などへの制約を解いていて、軍事境界線付近での訓練も前倒しで再開する予定だ。

■関連キーワード

最新の政治・社会記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

  2. 2
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3
    プロ初2ケタ勝利の西武・今井達也が語る“5.9にキレた”理由 降板後にベンチでブチ切れ

    プロ初2ケタ勝利の西武・今井達也が語る“5.9にキレた”理由 降板後にベンチでブチ切れ

  4. 4
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5
    用意する資金は青天井! 名門ヤンキースが朗希獲得でドジャースへの“リベンジ”画策

    用意する資金は青天井! 名門ヤンキースが朗希獲得でドジャースへの“リベンジ”画策

  1. 6
    協会の強硬姿勢が招いた「15大会消滅」の危機…杜撰なツアー改革構想が女子プロの職場を奪う

    協会の強硬姿勢が招いた「15大会消滅」の危機…杜撰なツアー改革構想が女子プロの職場を奪う

  2. 7
    万博スタッフに「時給2000円」大盤振る舞いの裏で…“格差拡大”に涙を飲む大阪府非常勤職員

    万博スタッフに「時給2000円」大盤振る舞いの裏で…“格差拡大”に涙を飲む大阪府非常勤職員

  3. 8
    西武・今井達也“堪忍袋の緒”はブチ切れ寸前? 好投まったく報われずメジャー志向は増す一方

    西武・今井達也“堪忍袋の緒”はブチ切れ寸前? 好投まったく報われずメジャー志向は増す一方

  4. 9
    ロッテ佐々木朗希は母親と一緒に「米国に行かせろ」の一点張り…繰り広げられる泥沼交渉劇

    ロッテ佐々木朗希は母親と一緒に「米国に行かせろ」の一点張り…繰り広げられる泥沼交渉劇

  5. 10
    藤川球児氏が岡田監督に「モノ申した」不穏…阪神球団内でも指揮官への“逆風”強まる

    藤川球児氏が岡田監督に「モノ申した」不穏…阪神球団内でも指揮官への“逆風”強まる