目の肥えたファンも心配…楽天の日本一、最大の不安材料は星野監督

公開日: 更新日:

「これで日本一は決まったな」
 日本シリーズ第5戦を延長戦を制した楽天のファンは、そう思っているに違いない。

 楽天打線は三回、巨人先発内海から岡島、銀次の適時打で2点を先制。ゲームの主導権を握ると、先発辛島も巨人打線を5回1安打無失点に抑える予想外の好投を見せる。

 すると星野監督は六回から、第1戦に先発させた則本を投入。七回、村田にカーブを左翼席に運ばれ、1点差で迎えた九回の始まる前だった。ベンチの星野監督は珍しく目をつむり、両手を合わせ拝んでいた。

「則本よ、この回を抑えてくれ……」

 そう願っていたのだろうが、代打の高橋由に右翼二塁打を許し、犠打と四球で1死一、三塁のピンチ。ここで迎えた村田の痛烈なゴロを則本がはじき、土壇場で同点。ゲームは振り出しに。延長十回に4番手西村の2四死球に乗じ、銀次、ジョーンズの連続適時打で2点を勝ち越し、日本一に王手をかけた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  4. 4

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  5. 5

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  6. 6

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  7. 7

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  8. 8

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  9. 9

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  10. 10

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

もっと見る