目の肥えたファンも心配…楽天の日本一、最大の不安材料は星野監督

公開日: 更新日:

「これで日本一は決まったな」
 日本シリーズ第5戦を延長戦を制した楽天のファンは、そう思っているに違いない。

 楽天打線は三回、巨人先発内海から岡島、銀次の適時打で2点を先制。ゲームの主導権を握ると、先発辛島も巨人打線を5回1安打無失点に抑える予想外の好投を見せる。

 すると星野監督は六回から、第1戦に先発させた則本を投入。七回、村田にカーブを左翼席に運ばれ、1点差で迎えた九回の始まる前だった。ベンチの星野監督は珍しく目をつむり、両手を合わせ拝んでいた。

「則本よ、この回を抑えてくれ……」

 そう願っていたのだろうが、代打の高橋由に右翼二塁打を許し、犠打と四球で1死一、三塁のピンチ。ここで迎えた村田の痛烈なゴロを則本がはじき、土壇場で同点。ゲームは振り出しに。延長十回に4番手西村の2四死球に乗じ、銀次、ジョーンズの連続適時打で2点を勝ち越し、日本一に王手をかけた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  8. 8

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  9. 9

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る