いきなり英語で電話攻勢も…楽天・田中を狙うグラウンド外の有象無象

公開日: 更新日:

 楽天田中将大(24)が昨年暮れの契約更改の席上、球団に将来的なメジャー挑戦の希望を訴えてからというもの、本人やその周辺で異変が起きたという。

 ベテランのプロ野球選手やOB、元メジャーリーガー、芸能プロダクションなどから、ひっきりなしに電話がかかってくるように。そのほとんどが、メジャーの代理人や彼らとつながりのある日本のブローカーまがいの連中からの間接的な売り込みだったらしい。要するに「ぜひ、自分を代理人にして欲しい」ということだ。

 ダルビッシュが海を渡ったいま、田中は広島の前田と並ぶ日本球界最後の大物といわれる。代理人の取り分はだいたい3~5%、中には6、7%のところもある。仮に田中が年俸10億円の契約を結べば、彼らのフトコロには年間3000万~7000万円、それだけのカネが契約年数分、転がり込む計算だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  8. 8

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  9. 9

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る