いきなり英語で電話攻勢も…楽天・田中を狙うグラウンド外の有象無象

公開日:  更新日:

 楽天の田中将大(24)が昨年暮れの契約更改の席上、球団に将来的なメジャー挑戦の希望を訴えてからというもの、本人やその周辺で異変が起きたという。

 ベテランのプロ野球選手やOB、元メジャーリーガー、芸能プロダクションなどから、ひっきりなしに電話がかかってくるように。そのほとんどが、メジャーの代理人や彼らとつながりのある日本のブローカーまがいの連中からの間接的な売り込みだったらしい。要するに「ぜひ、自分を代理人にして欲しい」ということだ。

 ダルビッシュが海を渡ったいま、田中は広島の前田と並ぶ日本球界最後の大物といわれる。代理人の取り分はだいたい3~5%、中には6、7%のところもある。仮に田中が年俸10億円の契約を結べば、彼らのフトコロには年間3000万~7000万円、それだけのカネが契約年数分、転がり込む計算だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る