いきなり英語で電話攻勢も…楽天・田中を狙うグラウンド外の有象無象

公開日:  更新日:

 楽天の田中将大(24)が昨年暮れの契約更改の席上、球団に将来的なメジャー挑戦の希望を訴えてからというもの、本人やその周辺で異変が起きたという。

 ベテランのプロ野球選手やOB、元メジャーリーガー、芸能プロダクションなどから、ひっきりなしに電話がかかってくるように。そのほとんどが、メジャーの代理人や彼らとつながりのある日本のブローカーまがいの連中からの間接的な売り込みだったらしい。要するに「ぜひ、自分を代理人にして欲しい」ということだ。

 ダルビッシュが海を渡ったいま、田中は広島の前田と並ぶ日本球界最後の大物といわれる。代理人の取り分はだいたい3~5%、中には6、7%のところもある。仮に田中が年俸10億円の契約を結べば、彼らのフトコロには年間3000万~7000万円、それだけのカネが契約年数分、転がり込む計算だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る