登板直前に新制度決裂…マー君に「黒星」をつけた真犯人

公開日: 更新日:

 新制度が合意するどころか決裂したというニュースは、当日の昼間のうちに各球団フロントの間を駆け巡ったらしい。
 日本シリーズに王手をかけた楽天田中将大(25)が第6戦のマウンドに登ったのは、その数時間後だった。

 田中は巨人打線に12安打を浴びて4失点。昨年8月から続いていた不敗記録は38戦で途切れてしまった。

「楽天はできれば旬のうちに田中の希望をかなえてやりたいし、米国側はいますぐにでも話題の田中が欲しい。日米球界とも基本的に向いている方向は一緒なので、入札制度はじきにまとまるでしょう。ただ……」と前出の球団幹部がこう続ける。

「ここまで田中の気力を支えていたのは今オフの大リーグ挑戦、つまり日本での登板は今年が最後になるということだったはずです。なので入札制度の最終的な話し合いがこじれたと知れば、その気持ちがプツンと切れてしまったとしてもおかしくありませんよ」

 田中に黒星をつけた張本人は、巨人打線ではなく別にいるというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  8. 8

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  9. 9

    熊田曜子の離婚は成立するのか?DVに詳しい弁護士に聞いた

  10. 10

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

もっと見る