3日で人件費6億円カット 中日ナイン「素直にサイン」の謎解き

公開日: 更新日:

 今週からスタートした中日の契約更改。8日は今季ノーヒットノーランを達成した山井大介(35)が減額制限(25%)いっぱいの2000万円減の6000万円でサイン。快挙達成も査定外というシビアな更改だった。大半の選手が減額制限いっぱいの減俸を食らい、退団した井端の年俸を含めれば3日間で実に6億円超の人件費がカットされたことになる。

 それにしても解せないのは、選手が誰一人として文句を言わずにサインしていること。一部のベテランと減額制限を超える減俸になった選手は下交渉を行っているものの、ある中堅選手は「何も文句を言えない雰囲気がある」と漏らす。4位に低迷したとはいえ、それこそゴッソリと給料を下げられたら、文句の一つや二つ出てもおかしくないはずだ。
「功労者の井端が大減俸、退団に追い込まれたことで、中堅、若手が牙を抜かれたことに加えて……」

 と、中日OBがこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  8. 8

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  9. 9

    今ごろインドを変異株指定…呑気な水際強化が招く次の恐怖

  10. 10

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

もっと見る