3日で人件費6億円カット 中日ナイン「素直にサイン」の謎解き

公開日:  更新日:

 今週からスタートした中日の契約更改。8日は今季ノーヒットノーランを達成した山井大介(35)が減額制限(25%)いっぱいの2000万円減の6000万円でサイン。快挙達成も査定外というシビアな更改だった。大半の選手が減額制限いっぱいの減俸を食らい、退団した井端の年俸を含めれば3日間で実に6億円超の人件費がカットされたことになる。

 それにしても解せないのは、選手が誰一人として文句を言わずにサインしていること。一部のベテランと減額制限を超える減俸になった選手は下交渉を行っているものの、ある中堅選手は「何も文句を言えない雰囲気がある」と漏らす。4位に低迷したとはいえ、それこそゴッソリと給料を下げられたら、文句の一つや二つ出てもおかしくないはずだ。
「功労者の井端が大減俸、退団に追い込まれたことで、中堅、若手が牙を抜かれたことに加えて……」

 と、中日OBがこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

もっと見る