3日で人件費6億円カット 中日ナイン「素直にサイン」の謎解き

公開日: 更新日:

 今週からスタートした中日の契約更改。8日は今季ノーヒットノーランを達成した山井大介(35)が減額制限(25%)いっぱいの2000万円減の6000万円でサイン。快挙達成も査定外というシビアな更改だった。大半の選手が減額制限いっぱいの減俸を食らい、退団した井端の年俸を含めれば3日間で実に6億円超の人件費がカットされたことになる。

 それにしても解せないのは、選手が誰一人として文句を言わずにサインしていること。一部のベテランと減額制限を超える減俸になった選手は下交渉を行っているものの、ある中堅選手は「何も文句を言えない雰囲気がある」と漏らす。4位に低迷したとはいえ、それこそゴッソリと給料を下げられたら、文句の一つや二つ出てもおかしくないはずだ。
「功労者の井端が大減俸、退団に追い込まれたことで、中堅、若手が牙を抜かれたことに加えて……」

 と、中日OBがこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  8. 8

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  9. 9

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  10. 10

    会長の「終身雇用守れぬ」発言に隠された経団連の“本音”

もっと見る