3日で人件費6億円カット 中日ナイン「素直にサイン」の謎解き

公開日:  更新日:

 今週からスタートした中日の契約更改。8日は今季ノーヒットノーランを達成した山井大介(35)が減額制限(25%)いっぱいの2000万円減の6000万円でサイン。快挙達成も査定外というシビアな更改だった。大半の選手が減額制限いっぱいの減俸を食らい、退団した井端の年俸を含めれば3日間で実に6億円超の人件費がカットされたことになる。

 それにしても解せないのは、選手が誰一人として文句を言わずにサインしていること。一部のベテランと減額制限を超える減俸になった選手は下交渉を行っているものの、ある中堅選手は「何も文句を言えない雰囲気がある」と漏らす。4位に低迷したとはいえ、それこそゴッソリと給料を下げられたら、文句の一つや二つ出てもおかしくないはずだ。
「功労者の井端が大減俸、退団に追い込まれたことで、中堅、若手が牙を抜かれたことに加えて……」

 と、中日OBがこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る