NHK杯SP首位 浅田真央に佐藤コーチ「不安要素あった方がいい」

公開日:  更新日:

「あまり調子が良過ぎるのも、かえって不安になります。この時期はむしろ、多少なりとも不安要素があった方がいいのかもしれません」

 多くのフィギュアスケーターを育てた佐藤信夫コーチ(71)がこう明かした。ソチ五輪での表彰台を目指す浅田真央(23)に関してである。

 フィギュアスケートGPシリーズNHK杯(8~10日、東京・代々木体育館)が開幕。初日の女子ショートプログラム(SP)は米国杯に次いで今季2勝目を狙う浅田が71.26点の高得点をマークして首位に立った。

 前日の会見で「集中して自分のいまできるものをすべて出したい」と話した通り、武器のトリプルアクセルを無難にこなし、最後のダブルループを回転不足と判定されたものの、ジャンプ、スピンとも最高の「レベル4」の評価を得た。

 GPファイナル出場が決まる表彰台に向け、幸先のいいスタートを切った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る