マー君メジャー移籍は水の泡!? “杓子定規”の選手会と板挟み

公開日:  更新日:

 田中将大(25)のメジャー移籍に、横ヤリを入れている日本プロ野球選手会。大リーグ機構(MLB)、日本野球機構(NPB)、大リーグ選手会の3者は新入札制度(ポスティングシステム)に合意しているのに、日本の選手会だけが「最低でも複数球団と交渉できるシステムにしなければならない」と異を唱えている。

 選手会の松原事務局長は「田中だけでなく、これは日本のプロ野球選手すべてのため」とも言ったが、日刊ゲンダイ本紙が再三書いてきたように、米国側がかつて自分たちが破棄した入札制度を復活させようとしているのはズバリ、田中を獲得するためだ。

 極端に言えば、田中ひとりを米球界入りさせたら、後は用済み。2年どころか、1年で無用の長物と、再び破棄してくるとの情報もある。選手と交渉するためだけに高いカネを払う入札制度は、そもそも米国にとって百害あって一利なし。要するに田中がいるから最大限に譲歩して制度を復活させてもよいというスタンスなのだ。いま以上に譲歩するわけがない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る