マー君メジャー移籍は水の泡!? “杓子定規”の選手会と板挟み

公開日: 更新日:

 田中将大(25)のメジャー移籍に、横ヤリを入れている日本プロ野球選手会。大リーグ機構(MLB)、日本野球機構(NPB)、大リーグ選手会の3者は新入札制度(ポスティングシステム)に合意しているのに、日本の選手会だけが「最低でも複数球団と交渉できるシステムにしなければならない」と異を唱えている。

 選手会の松原事務局長は「田中だけでなく、これは日本のプロ野球選手すべてのため」とも言ったが、日刊ゲンダイ本紙が再三書いてきたように、米国側がかつて自分たちが破棄した入札制度を復活させようとしているのはズバリ、田中を獲得するためだ。

 極端に言えば、田中ひとりを米球界入りさせたら、後は用済み。2年どころか、1年で無用の長物と、再び破棄してくるとの情報もある。選手と交渉するためだけに高いカネを払う入札制度は、そもそも米国にとって百害あって一利なし。要するに田中がいるから最大限に譲歩して制度を復活させてもよいというスタンスなのだ。いま以上に譲歩するわけがない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

  10. 10

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

もっと見る