• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マー君メジャー移籍は水の泡!? “杓子定規”の選手会と板挟み

 田中将大(25)のメジャー移籍に、横ヤリを入れている日本プロ野球選手会。大リーグ機構(MLB)、日本野球機構(NPB)、大リーグ選手会の3者は新入札制度(ポスティングシステム)に合意しているのに、日本の選手会だけが「最低でも複数球団と交渉できるシステムにしなければならない」と異を唱えている。

 選手会の松原事務局長は「田中だけでなく、これは日本のプロ野球選手すべてのため」とも言ったが、日刊ゲンダイ本紙が再三書いてきたように、米国側がかつて自分たちが破棄した入札制度を復活させようとしているのはズバリ、田中を獲得するためだ。

 極端に言えば、田中ひとりを米球界入りさせたら、後は用済み。2年どころか、1年で無用の長物と、再び破棄してくるとの情報もある。選手と交渉するためだけに高いカネを払う入札制度は、そもそも米国にとって百害あって一利なし。要するに田中がいるから最大限に譲歩して制度を復活させてもよいというスタンスなのだ。いま以上に譲歩するわけがない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  3. 3

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  4. 4

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<下>

  9. 9

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  10. 10

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

もっと見る