マー君メジャー移籍は水の泡!? “杓子定規”の選手会と板挟み

公開日: 更新日:

 田中将大(25)のメジャー移籍に、横ヤリを入れている日本プロ野球選手会。大リーグ機構(MLB)、日本野球機構(NPB)、大リーグ選手会の3者は新入札制度(ポスティングシステム)に合意しているのに、日本の選手会だけが「最低でも複数球団と交渉できるシステムにしなければならない」と異を唱えている。

 選手会の松原事務局長は「田中だけでなく、これは日本のプロ野球選手すべてのため」とも言ったが、日刊ゲンダイ本紙が再三書いてきたように、米国側がかつて自分たちが破棄した入札制度を復活させようとしているのはズバリ、田中を獲得するためだ。

 極端に言えば、田中ひとりを米球界入りさせたら、後は用済み。2年どころか、1年で無用の長物と、再び破棄してくるとの情報もある。選手と交渉するためだけに高いカネを払う入札制度は、そもそも米国にとって百害あって一利なし。要するに田中がいるから最大限に譲歩して制度を復活させてもよいというスタンスなのだ。いま以上に譲歩するわけがない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原因不明…三浦半島の“謎の異臭”は首都直下地震の前兆か

  2. 2

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  3. 3

    東京湾では48時間に地震7回も…アプリで助かる率を上げる

  4. 4

    丹羽宇一郎氏「コロナ後はさらなる危機が待ち構えている」

  5. 5

    東京湾で続く不気味な揺れ…コロナ禍に首都直下地震の足音

  6. 6

    NHK「あさイチ」での近江友里恵は有働由美子を超えた?

  7. 7

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  8. 8

    麻生「民度発言」海外も報道 指摘された日本の高い死亡率

  9. 9

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  10. 10

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

もっと見る