日本野球機構も困惑…楽天マー君「メジャー移籍」に選手会が“横ヤリ”の波紋

公開日: 更新日:

 6日の一部スポーツ紙には「新入札制度が締結延期」「マー君 メジャー凍結か」「米挑戦 宙ぶらりん」と仰々しい見出しが躍ったが、日刊ゲンダイ本紙は5日発売の11月6日号で一足先にその顛末を報じている。概略はこうだ。

 日本時間の2日午前、日米間で新入札制度(ポスティングシステム)の最終合意に向けた電話会談が行われた。出席したのは日本野球機構(NPB)と大リーグ機構(MLB)、それに日米選手会の4者。NPBとMLBの間ではすでに話がまとまり、日本シリーズ終了後にも発表される手はずになっていた。その日の電話会談で最終合意することになっていた日米選手間協定はしかし、いよいよ成立かという交渉の最終段階になって、突然、日本側が「NO」と言い出し、電話会談は打ち切り。合意寸前だった新入札制度の締結も延期されてしまったのだ。

 6日になって、土壇場で机をひっくり返したのが日本の選手会だったことが明らかになったわけである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る