日本野球機構も困惑…楽天マー君「メジャー移籍」に選手会が“横ヤリ”の波紋

公開日:  更新日:

 6日の一部スポーツ紙には「新入札制度が締結延期」「マー君 メジャー凍結か」「米挑戦 宙ぶらりん」と仰々しい見出しが躍ったが、日刊ゲンダイ本紙は5日発売の11月6日号で一足先にその顛末を報じている。概略はこうだ。

 日本時間の2日午前、日米間で新入札制度(ポスティングシステム)の最終合意に向けた電話会談が行われた。出席したのは日本野球機構(NPB)と大リーグ機構(MLB)、それに日米選手会の4者。NPBとMLBの間ではすでに話がまとまり、日本シリーズ終了後にも発表される手はずになっていた。その日の電話会談で最終合意することになっていた日米選手間協定はしかし、いよいよ成立かという交渉の最終段階になって、突然、日本側が「NO」と言い出し、電話会談は打ち切り。合意寸前だった新入札制度の締結も延期されてしまったのだ。

 6日になって、土壇場で机をひっくり返したのが日本の選手会だったことが明らかになったわけである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る