日本野球機構も困惑…楽天マー君「メジャー移籍」に選手会が“横ヤリ”の波紋

公開日: 更新日:

 6日の一部スポーツ紙には「新入札制度が締結延期」「マー君 メジャー凍結か」「米挑戦 宙ぶらりん」と仰々しい見出しが躍ったが、日刊ゲンダイ本紙は5日発売の11月6日号で一足先にその顛末を報じている。概略はこうだ。

 日本時間の2日午前、日米間で新入札制度(ポスティングシステム)の最終合意に向けた電話会談が行われた。出席したのは日本野球機構(NPB)と大リーグ機構(MLB)、それに日米選手会の4者。NPBとMLBの間ではすでに話がまとまり、日本シリーズ終了後にも発表される手はずになっていた。その日の電話会談で最終合意することになっていた日米選手間協定はしかし、いよいよ成立かという交渉の最終段階になって、突然、日本側が「NO」と言い出し、電話会談は打ち切り。合意寸前だった新入札制度の締結も延期されてしまったのだ。

 6日になって、土壇場で机をひっくり返したのが日本の選手会だったことが明らかになったわけである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  8. 8

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  9. 9

    今ごろインドを変異株指定…呑気な水際強化が招く次の恐怖

  10. 10

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

もっと見る