新入札制度合意へ 選手会が震えたメジャーの「三行半」

公開日: 更新日:

<「システムはなかったことに」>

 その瞬間、日本野球機構(NPB)も日本の選手会も、血の気が引いたという。

「日刊ゲンダイ」が再三報じてきた今月2日の電話交渉。大リーグ機構(MLB)と大リーグ選手会も含めた4者会談で、新しい入札制度(ポスティングシステム)が合意に達する予定だった。田中将大(25)のメジャー移籍は、新制度成立が大前提なのだ。

 ところが、前日になって、日本プロ野球選手会がNPBに合意しないよう文書で申し入れ。当日の電話会議でその内容が米国サイドに伝わった直後、メジャー側はこう言って交渉の打ち切りを通告してきたらしい。

「わかった。それなら今回のシステムは、なかったことにしよう。我々は妥協するつもりはないので」

 米国側の“三行半”に、日本側は大慌てだったと、在米ジャーナリストがこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

  3. 3

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

  4. 4

    インド株の市中感染を初確認!7月に全国蔓延で五輪は絶望

  5. 5

    小池知事「五輪中止」のタイミング…重なる4年前の都議選

  6. 6

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  7. 7

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  8. 8

    五輪選手らを選手村と会場に“閉じ込める”政府案の浅はかさ

  9. 9

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  10. 10

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

もっと見る