新入札制度合意へ 選手会が震えたメジャーの「三行半」

公開日:  更新日:

<「システムはなかったことに」>

 その瞬間、日本野球機構(NPB)も日本の選手会も、血の気が引いたという。

「日刊ゲンダイ」が再三報じてきた今月2日の電話交渉。大リーグ機構(MLB)と大リーグ選手会も含めた4者会談で、新しい入札制度(ポスティングシステム)が合意に達する予定だった。田中将大(25)のメジャー移籍は、新制度成立が大前提なのだ。

 ところが、前日になって、日本プロ野球選手会がNPBに合意しないよう文書で申し入れ。当日の電話会議でその内容が米国サイドに伝わった直後、メジャー側はこう言って交渉の打ち切りを通告してきたらしい。

「わかった。それなら今回のシステムは、なかったことにしよう。我々は妥協するつもりはないので」

 米国側の“三行半”に、日本側は大慌てだったと、在米ジャーナリストがこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  5. 5

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  6. 6

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  7. 7

    試行錯誤を経てたどり着いた「バントは時間稼ぎ」の極意

  8. 8

    売り出し価格1500円 ソフトバンク株は買いか専門家に聞く

  9. 9

    引退から10年…元アイドル小阪由佳が子供たちに捧げる理由

  10. 10

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

もっと見る