FA西武・片岡を悩ます「移籍候補」と「ネオン街」

公開日: 更新日:

 FA宣言した片岡治大(30)に興味を示しているのが、巨人楽天中日の3球団。希望は在京球団というから巨人一本と思いきや、ハナシはそう簡単ではないようだ。

 ある球界関係者が言う。

「ヤス(片岡)は今季も女子アナの加藤綾子とウワサになったように、チームきっての遊び好き。東京近郊のチームなら六本木などにも出やすい。ただ、巨人はいわゆる『紳士の球団』。西武にいる時ほど好き勝手は出来ないだろうし、規律も厳しい。ヤスがFA宣言したのは『見苦しい茶髪・ヒゲ・長髪は禁止! ユニホームの裾も上げろ!』と口うるさい伊原新監督にへきえきしているからというのもある。西武以上に素行にうるさい巨人に移籍したら何のためにFAしたのかわからなくなる」

 楽天の本拠地・仙台には国分町というネオン街がある。復興特需は収まりつつあるが、それでも規模は東北随一だ。問題は片岡のケガの多さ。今季は4月に左ヒザ裏痛を訴えて長期離脱し、72試合にしか出場出来なかった。11年は左肩の脱臼でオフにメスを入れ、昨季も右手首の靭帯(じんたい)を負傷。寒い仙台ではこれまで以上に故障が怖い。そうした事情もあり、片岡本人が楽天への移籍には難色を示しているという。

 では中日かというと、こちらも問題がある。全国でも有数の繁華街である名古屋の栄はどの店も閉店が早く、ナイター後では落ち着いて遊ぶことが出来ないからだ。

 片岡の悩みは尽きない……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  2. 2

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  3. 3

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  4. 4

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  5. 5

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  6. 6

    松本穂香の出演は2年で10本!唐田えりかの“敵失”で急浮上

  7. 7

    日立は在宅勤務に舵 アフターコロナのサラリーマン生活

  8. 8

    Go To Travel“外国人も半額”デマ拡散…大慌て火消しの顛末

  9. 9

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  10. 10

    “満身創痍”ジャニーズ限定ユニットTwenty★Twentyの行く末

もっと見る