FA西武・片岡を悩ます「移籍候補」と「ネオン街」

公開日:  更新日:

 FA宣言した片岡治大(30)に興味を示しているのが、巨人、楽天、中日の3球団。希望は在京球団というから巨人一本と思いきや、ハナシはそう簡単ではないようだ。

 ある球界関係者が言う。

「ヤス(片岡)は今季も女子アナの加藤綾子とウワサになったように、チームきっての遊び好き。東京近郊のチームなら六本木などにも出やすい。ただ、巨人はいわゆる『紳士の球団』。西武にいる時ほど好き勝手は出来ないだろうし、規律も厳しい。ヤスがFA宣言したのは『見苦しい茶髪・ヒゲ・長髪は禁止! ユニホームの裾も上げろ!』と口うるさい伊原新監督にへきえきしているからというのもある。西武以上に素行にうるさい巨人に移籍したら何のためにFAしたのかわからなくなる」

 楽天の本拠地・仙台には国分町というネオン街がある。復興特需は収まりつつあるが、それでも規模は東北随一だ。問題は片岡のケガの多さ。今季は4月に左ヒザ裏痛を訴えて長期離脱し、72試合にしか出場出来なかった。11年は左肩の脱臼でオフにメスを入れ、昨季も右手首の靭帯(じんたい)を負傷。寒い仙台ではこれまで以上に故障が怖い。そうした事情もあり、片岡本人が楽天への移籍には難色を示しているという。

 では中日かというと、こちらも問題がある。全国でも有数の繁華街である名古屋の栄はどの店も閉店が早く、ナイター後では落ち着いて遊ぶことが出来ないからだ。

 片岡の悩みは尽きない……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る