FA西武・片岡を悩ます「移籍候補」と「ネオン街」

公開日: 更新日:

 FA宣言した片岡治大(30)に興味を示しているのが、巨人、楽天、中日の3球団。希望は在京球団というから巨人一本と思いきや、ハナシはそう簡単ではないようだ。

 ある球界関係者が言う。

「ヤス(片岡)は今季も女子アナの加藤綾子とウワサになったように、チームきっての遊び好き。東京近郊のチームなら六本木などにも出やすい。ただ、巨人はいわゆる『紳士の球団』。西武にいる時ほど好き勝手は出来ないだろうし、規律も厳しい。ヤスがFA宣言したのは『見苦しい茶髪・ヒゲ・長髪は禁止! ユニホームの裾も上げろ!』と口うるさい伊原新監督にへきえきしているからというのもある。西武以上に素行にうるさい巨人に移籍したら何のためにFAしたのかわからなくなる」

 楽天の本拠地・仙台には国分町というネオン街がある。復興特需は収まりつつあるが、それでも規模は東北随一だ。問題は片岡のケガの多さ。今季は4月に左ヒザ裏痛を訴えて長期離脱し、72試合にしか出場出来なかった。11年は左肩の脱臼でオフにメスを入れ、昨季も右手首の靭帯(じんたい)を負傷。寒い仙台ではこれまで以上に故障が怖い。そうした事情もあり、片岡本人が楽天への移籍には難色を示しているという。

 では中日かというと、こちらも問題がある。全国でも有数の繁華街である名古屋の栄はどの店も閉店が早く、ナイター後では落ち着いて遊ぶことが出来ないからだ。

 片岡の悩みは尽きない……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野の広島移籍はFA補強の犠牲というよりまさに“栄転”だ

  2. 2

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  3. 3

    高卒で異例の一軍帯同 広島小園をコーチ先輩“絶賛”の理由

  4. 4

    踏んだり蹴ったりZOZO前澤社長 “100億円豪邸”も建設中断か

  5. 5

    安倍首相は「自己愛型」か 9年前の動画“炎上”で識者が分析

  6. 6

    巨人・原監督に聞いた 指導未経験者を登用した真意

  7. 7

    自民に衝撃 参院選1人区「13勝19敗」予想で“W選”案急浮上

  8. 8

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  9. 9

    広島・涼介が明かす “長野効果”と歓迎会での珍エピソード

  10. 10

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

もっと見る