他球団も首をひねる 原監督の「即戦力投手」狙い

公開日:  更新日:

 他球団の編成担当者に言わせれば、「これ以上、巨人に即戦力投手っている?」と疑問符がつく。

 それはそうだ。日本一を逃した原監督はこのオフ、最重要補強ポイントを「即戦力投手」に定め、広島の大竹寛(30)や中日の中田賢(31)を調査。大竹の獲得に動くとされている。11日の一部報道では、阪神の先発で残留が流動的なスタンリッジ(35)を調査と出た。

 しかし、巨人が投手難かといえば、決してそうではない。

 今季は内海と菅野が13勝ずつ。杉内が11勝でこれに続き、先発3人が2ケタ勝利を挙げた。二軍で過ごす時間が長かったホールトンは短期間で9勝。5勝に終わったとはいえ、沢村には150キロを超える剛速球があり、原監督は「能力で言えばマー君級」とまで言う。

 その上、今季台頭した19歳左腕の今村は正捕手の阿部が投球を絶賛。日本シリーズで3イニングを無失点に抑え、第7戦の先発大抜擢もささやかれたほど。首脳陣からの評価も高い逸材だ。先発ローテに定着できず、登板機会は少なかったものの、3年目の小山と高卒5年目の笠原の大型右腕は「ウチならバリバリのローテ投手。使わないなんてもったいない」と他球団の垂涎(すいぜん)の的になっている。人材はゴロゴロいるのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る