他球団も首をひねる 原監督の「即戦力投手」狙い

公開日: 更新日:

 他球団の編成担当者に言わせれば、「これ以上、巨人に即戦力投手っている?」と疑問符がつく。

 それはそうだ。日本一を逃した原監督はこのオフ、最重要補強ポイントを「即戦力投手」に定め、広島大竹寛(30)や中日の中田賢(31)を調査。大竹の獲得に動くとされている。11日の一部報道では、阪神の先発で残留が流動的なスタンリッジ(35)を調査と出た。

 しかし、巨人が投手難かといえば、決してそうではない。

 今季は内海と菅野が13勝ずつ。杉内が11勝でこれに続き、先発3人が2ケタ勝利を挙げた。二軍で過ごす時間が長かったホールトンは短期間で9勝。5勝に終わったとはいえ、沢村には150キロを超える剛速球があり、原監督は「能力で言えばマー君級」とまで言う。

 その上、今季台頭した19歳左腕の今村は正捕手の阿部が投球を絶賛。日本シリーズで3イニングを無失点に抑え、第7戦の先発大抜擢もささやかれたほど。首脳陣からの評価も高い逸材だ。先発ローテに定着できず、登板機会は少なかったものの、3年目の小山と高卒5年目の笠原の大型右腕は「ウチならバリバリのローテ投手。使わないなんてもったいない」と他球団の垂涎(すいぜん)の的になっている。人材はゴロゴロいるのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

  10. 10

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

もっと見る