他球団も首をひねる 原監督の「即戦力投手」狙い

公開日: 更新日:

 他球団の編成担当者に言わせれば、「これ以上、巨人に即戦力投手っている?」と疑問符がつく。

 それはそうだ。日本一を逃した原監督はこのオフ、最重要補強ポイントを「即戦力投手」に定め、広島の大竹寛(30)や中日の中田賢(31)を調査。大竹の獲得に動くとされている。11日の一部報道では、阪神の先発で残留が流動的なスタンリッジ(35)を調査と出た。

 しかし、巨人が投手難かといえば、決してそうではない。

 今季は内海と菅野が13勝ずつ。杉内が11勝でこれに続き、先発3人が2ケタ勝利を挙げた。二軍で過ごす時間が長かったホールトンは短期間で9勝。5勝に終わったとはいえ、沢村には150キロを超える剛速球があり、原監督は「能力で言えばマー君級」とまで言う。

 その上、今季台頭した19歳左腕の今村は正捕手の阿部が投球を絶賛。日本シリーズで3イニングを無失点に抑え、第7戦の先発大抜擢もささやかれたほど。首脳陣からの評価も高い逸材だ。先発ローテに定着できず、登板機会は少なかったものの、3年目の小山と高卒5年目の笠原の大型右腕は「ウチならバリバリのローテ投手。使わないなんてもったいない」と他球団の垂涎(すいぜん)の的になっている。人材はゴロゴロいるのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  5. 5

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  6. 6

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  7. 7

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  8. 8

    理事長は怒り心頭 横綱白鵬「三本締め」けん責処分の意味

  9. 9

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  10. 10

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る