ソフトバンクの意中は王建民より「第2のオセゲラ」

公開日: 更新日:

<名より実>

 ソフトバンク王貞治会長(73)といえば、台湾でも英雄として名高い。その王会長が「台湾の至宝」王建民(33)と接触していることが、地元で話題になっている。

 王建民はヤンキース時代の06、07年に2年連続19勝を挙げ、06年は最多勝のタイトルも獲得。今年のWBC2次ラウンドでは台湾代表として、日本を6回無失点に抑えている。今季はブルージェイズで1勝2敗、防御率7.67。3Aでは17試合に先発し、8勝7敗、防御率2.87という数字だ。

 台湾メディアはソフトバンクが入団を求めるため、「王会長が王建民を説得している」と伝えている。ある球団OBは「むしろ逆ですよ」と明かす。

「本人が親しい関係者には、『日本でやるなら、王会長と郭泰源投手コーチのいるソフトバンクがいい』と言っているのは事実。でも、ホークスからすると現在はどうしても欲しいという選手ではない。王建民は日本のファンにも名前が売れているし、台湾の観光客も球場に呼べる“おいしい”選手ですが、肝心の実力が……。かつてゴロを量産したシンカーの制球力は健在も、球のキレはイマイチ。調子の波が大きいのも不安です。最近は高額メジャーリーガーで失敗が続いたこともあり、孫オーナーも『知名度や過去の実績より、今の力で判断しろ』と通達しているそうです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  2. 2

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  3. 3

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  4. 4

    明日海りお「おちょやん」で再出演はナシ…宝塚ファン悲鳴

  5. 5

    五輪開会式までに「国内コロナ死者累計2万人」の驚愕試算

  6. 6

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  7. 7

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  8. 8

    インド変異株拡大へ秒読み…連絡つかない入国者は1日300人

  9. 9

    「ドラゴン桜2」若手は粒ぞろい “第2の長澤まさみ”が現れるか

  10. 10

    インドで新たな変異株が!初期変異株より感染力15倍の衝撃

もっと見る