ソフトバンクの意中は王建民より「第2のオセゲラ」

公開日:  更新日:

<名より実>

 ソフトバンクの王貞治会長(73)といえば、台湾でも英雄として名高い。その王会長が「台湾の至宝」王建民(33)と接触していることが、地元で話題になっている。

 王建民はヤンキース時代の06、07年に2年連続19勝を挙げ、06年は最多勝のタイトルも獲得。今年のWBC2次ラウンドでは台湾代表として、日本を6回無失点に抑えている。今季はブルージェイズで1勝2敗、防御率7.67。3Aでは17試合に先発し、8勝7敗、防御率2.87という数字だ。

 台湾メディアはソフトバンクが入団を求めるため、「王会長が王建民を説得している」と伝えている。ある球団OBは「むしろ逆ですよ」と明かす。

「本人が親しい関係者には、『日本でやるなら、王会長と郭泰源投手コーチのいるソフトバンクがいい』と言っているのは事実。でも、ホークスからすると現在はどうしても欲しいという選手ではない。王建民は日本のファンにも名前が売れているし、台湾の観光客も球場に呼べる“おいしい”選手ですが、肝心の実力が……。かつてゴロを量産したシンカーの制球力は健在も、球のキレはイマイチ。調子の波が大きいのも不安です。最近は高額メジャーリーガーで失敗が続いたこともあり、孫オーナーも『知名度や過去の実績より、今の力で判断しろ』と通達しているそうです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る