豪華絢爛! 歴代最強ベルギー代表の恐るべき“素顔”

公開日:  更新日:

 日本代表が19日(日本時間20日未明)にブリュッセルで対戦するベルギー代表。86年W杯4強、90年、94年W杯16強入りで「赤い悪魔」と言われていた頃の強さを取り戻したどころか、同国の歴代最強チームとしてブラジルW杯では台風の目と言われている。

 主力メンバーは、豪華絢爛のひと言。1トップ候補の身長192センチFWルカク(エバートン)、191センチFWベンテケ(アストンビラ)ともにスピード、馬力はプレーするプレミアリーグで一級品の評価を受けている。

 左サイドFWアザールのニックネームは「ベルギーの最高傑作」。12年に移籍金45億円でチェルシー入りした。キレ味鋭いドリブルが持ち味。相対する右SB内田とのマッチアップの行方が、試合のカギを握るだろう。

 トップ下に入るのは、マンUのアフロ男・MFフェライニ。モロッコがルーツの身長194センチ、体重85キロの大男は、決してフィジカル自慢の選手ではない。プレミア・エバートン時代には、試合中にクライフターンを披露し、足元の高い技術と柔軟性を見せつけた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る