豪華絢爛! 歴代最強ベルギー代表の恐るべき“素顔”

公開日: 更新日:

 日本代表が19日(日本時間20日未明)にブリュッセルで対戦するベルギー代表。86年W杯4強、90年、94年W杯16強入りで「赤い悪魔」と言われていた頃の強さを取り戻したどころか、同国の歴代最強チームとしてブラジルW杯では台風の目と言われている。

 主力メンバーは、豪華絢爛のひと言。1トップ候補の身長192センチFWルカク(エバートン)、191センチFWベンテケ(アストンビラ)ともにスピード、馬力はプレーするプレミアリーグで一級品の評価を受けている。

 左サイドFWアザールのニックネームは「ベルギーの最高傑作」。12年に移籍金45億円でチェルシー入りした。キレ味鋭いドリブルが持ち味。相対する右SB内田とのマッチアップの行方が、試合のカギを握るだろう。

 トップ下に入るのは、マンUのアフロ男・MFフェライニ。モロッコがルーツの身長194センチ、体重85キロの大男は、決してフィジカル自慢の選手ではない。プレミア・エバートン時代には、試合中にクライフターンを披露し、足元の高い技術と柔軟性を見せつけた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

もっと見る