豪華絢爛! 歴代最強ベルギー代表の恐るべき“素顔”

公開日:  更新日:

 日本代表が19日(日本時間20日未明)にブリュッセルで対戦するベルギー代表。86年W杯4強、90年、94年W杯16強入りで「赤い悪魔」と言われていた頃の強さを取り戻したどころか、同国の歴代最強チームとしてブラジルW杯では台風の目と言われている。

 主力メンバーは、豪華絢爛のひと言。1トップ候補の身長192センチFWルカク(エバートン)、191センチFWベンテケ(アストンビラ)ともにスピード、馬力はプレーするプレミアリーグで一級品の評価を受けている。

 左サイドFWアザールのニックネームは「ベルギーの最高傑作」。12年に移籍金45億円でチェルシー入りした。キレ味鋭いドリブルが持ち味。相対する右SB内田とのマッチアップの行方が、試合のカギを握るだろう。

 トップ下に入るのは、マンUのアフロ男・MFフェライニ。モロッコがルーツの身長194センチ、体重85キロの大男は、決してフィジカル自慢の選手ではない。プレミア・エバートン時代には、試合中にクライフターンを披露し、足元の高い技術と柔軟性を見せつけた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  10. 10

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

もっと見る