「GS東京大会8人欠場」はニッポン柔道“真っ当さ”の裏付け

公開日: 更新日:

「海外の有力選手も出場するだけに欠場するのは残念」

 柔道日本代表の井上康生男子監督がこう嘆いた。

 グランドスラム(GS)東京大会(29日~、東京体育館)開幕を前に日本代表の男女監督が27日会見。今大会にエントリーしていた松本薫(26=女子57キロ級金メダル)らロンドン五輪メダリスト3人が直前になって故障を理由に辞退。男女合わせて8人の選手が出場を見送るのは国際大会では異例の事態だ。

 GSは日本で行われる唯一の国際大会。海外から五輪、世界選手権のメダリストが参戦するだけに、女子の南條充寿監督は「故障者の欠場は仕方がないので、若手には次へのステップにして欲しい」と次世代の飛躍を期待している。

■かつて故障者にも出場を強制

 五輪の代表選考に関しては、これまでのような強化委員会が私情を挟む余地はなくなった。来年からはリオ五輪出場のためのポイント獲得シリーズ(世界選手権、GSなど)が始まる。今大会は来年の国際大会に派遣するための参考材料になる。欠場した選手は当然、来年の国際試合への出場は制限され、リオ五輪の出場が遠のく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  2. 2

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  3. 3

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    錦戸亮の大誤算…コロナ禍と新人活躍でドラマオファーなし

  6. 6

    「収束後は」って何?くだらないことに税金使うって話だろ

  7. 7

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  8. 8

    世界で猛威のコロナウイルスを商標出願したのはあの人物!

  9. 9

    手薄なコロナ対策 世界の家計支援から浮く日本の冷酷非情

  10. 10

    30万円給付は7月? 安倍政権「コロナ補償」に悪評ふんぷん

もっと見る