日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

年俸こそ4億円だが…本田はミラン入りでいったいいくら稼ぐ?

 日本代表MF本田圭佑(27)のセリエA・ACミラン入りが決まった。

「移籍そのものは9月に内定していました。ミランのガッリアーニ副会長は<年明け1月3日から正式にウチの契約選手となる>とコメントしたものの、クリスマス時期にミランに合流してトレーニングを行うという情報も流れています」(現地マスコミ関係者)

 ともあれ、欧州CL優勝7回、セリエA制覇18回の名門ミランにアジア人として初めて本田が加入する。背負うのは、司令塔の証し「10」。しかも本人が希望したと明らかになった。イタリアではショッキングなニュースとして話題になっている。

「今や注目は、<ホンダはミラン入りでいくら儲けるのか?>だ」と、あるサッカー記者が続ける。

「3年半の契約で年俸4億円。CSKAモスクワ時代よりも年間2.5億円のアップです。イタリアで発表される年俸は税引き後の金額。所得税が40%超なので本田の年俸として7億円のカネが動くことになります。本田の人件費を少しでも回収したいミランは、移籍決定がアナウンスされた11日、公式HPのオンラインストアで背番号10とHONDAのネームの入ったユニホームの販売をスタートしました。値段は1万4490円で、本田本人には1着あたり10%のロイヤルティーが入ります。10万着が売れるとして約1億5000万円の実入りです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事