日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

楽天球団と田中将大 メジャー移籍をめぐる「3つの疑問」

■なぜ「20億円じゃ出せない」のか

 楽天・田中将大(25)の去就がいまだ揺れ続けている。メジャー側との新入札制度が発効する17日にも田中と球団の話し合いが実現するが、楽天は「入札金が最大20億円じゃ出せない」の一点張りだ。

 しかし、果たして球団に田中を残留させるメリットはあるのか。田中が15年に取得予定の海外FAで海を渡ってしまえば、球団には20億円はおろか一銭も入らない。それどころか、最低でも1億円増の5億円は用意しなければならない来季と15年度の年俸も支払う必要がある。ポスティングにかければ20億円のプラス、かけなければ10億円近いマイナスだ。

 その差額は30億円。いくら田中目当てにファンが球場に集まろうと、グッズがバカみたいに売れようと、それだけでペイできる額ではない。さる球界関係者によると「そもそも、毎年球団に20億円から30億円の広告宣伝費を出している楽天本体からすれば、入札金が50億円から20億円になろうが、さしたる影響もない」という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事