日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ダメなら野球やめても…」 Rソックス田沢、飛躍の裏に“覚悟”

「目立つことをしたり、特別扱いされたりするのがあまり好きじゃないんです。コイツ、調子に乗ってるなと思われるのも嫌ですし。野球をやっている人間というだけであって。(日本では)普通に電車も乗るし、コンビニにも行く。高いお店だと居心地が悪くて。居酒屋に行くのが気が楽ですね」

 話していても飾るところがない。田沢という男は、思っていることを率直に語る。
「米国では日本食が恋しくなったりはしないですね。毎日がピザでも平気ですよ」

 こんなふうに、あっけらかんと話す田沢は13年、メジャーリーグで大仕事をやってのけた。

 10月30日。レッドソックスがカージナルスを倒してワールドシリーズを制覇したこの日、田沢は七回2死満塁の大ピンチで登板した。5点リードとはいえ、一発浴びれば1点差。緊迫した場面で4番クレイグを迎えた。13年は打率・315、13本塁打、97打点をマークしたナ・リーグ屈指の好打者を速球で一ゴロに打ち取り、普段は見せないガッツポーズを2度つくった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事