「ダメなら野球やめても…」 Rソックス田沢、飛躍の裏に“覚悟”

公開日: 更新日:

「目立つことをしたり、特別扱いされたりするのがあまり好きじゃないんです。コイツ、調子に乗ってるなと思われるのも嫌ですし。野球をやっている人間というだけであって。(日本では)普通に電車も乗るし、コンビニにも行く。高いお店だと居心地が悪くて。居酒屋に行くのが気が楽ですね」

 話していても飾るところがない。田沢という男は、思っていることを率直に語る。
「米国では日本食が恋しくなったりはしないですね。毎日がピザでも平気ですよ」

 こんなふうに、あっけらかんと話す田沢は13年、メジャーリーグで大仕事をやってのけた。

 10月30日。レッドソックスがカージナルスを倒してワールドシリーズを制覇したこの日、田沢は七回2死満塁の大ピンチで登板した。5点リードとはいえ、一発浴びれば1点差。緊迫した場面で4番クレイグを迎えた。13年は打率・315、13本塁打、97打点をマークしたナ・リーグ屈指の好打者を速球で一ゴロに打ち取り、普段は見せないガッツポーズを2度つくった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  5. 5

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  6. 6

    「東京アラート」は音なし…小池都知事は再選に向け蠢動中

  7. 7

    テラハ問題でも変らない バラエティーの常識は世の非常識

  8. 8

    議事録を残さないのは議論を隠蔽して闇に葬り去るためか

  9. 9

    国民の怒り再燃 全戸配布で沸き起こる“アベノマスクの乱”

  10. 10

    MLBが報酬巡り迷走 エ軍大谷はどっちに転んでもひとり勝ち

もっと見る