元代表・松井大輔 「勝ちと負けは天国と地獄。結果残して」

公開日: 更新日:

 すべては「この男の左足」から始まった。10年W杯南ア大会。岡田武史監督率いる日本代表の初戦の相手はアフリカの雄カメルーン。前半39分だった。右サイドのFW松井大輔が鋭い切り返しでDFを幻惑。左足で相手ゴール・ファーサイドで待ち構える1トップの足元にクロスを放り込んだ。MF登録の本田圭佑が黄金の左足で先制弾! 「自国開催W杯以外で初の勝利」を手繰り寄せた日本代表は波に乗り、16強国の称号を手にした。立役者・松井大輔にW杯で勝つためには何が必要か? どんなメンタルで一大決戦に臨めばいいのか? ズバリ聞いた。

――南アW杯前のテストマッチで負けが込み、岡田監督は本大会の直前に「専守防衛」「MF阿部勇樹をアンカーに置く」「攻撃は本田と左の大久保嘉人、右の松井の3人が主に担当する」に大きくシフトしました。

「守りが堅いと失点はしない。当然、負けることはない。日本サッカーには《攻撃的に戦うことが尊い》という美学があるような気がしますが、何よりも《負けないこと》が要求されるW杯本大会では、まず守りをしっかりとした上で効果的な攻撃を仕掛けていくことが大事だと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  5. 5

    競泳・池江璃花子ついに400mリレー登場も…「五輪出場は運命」発言“炎上”のナゼ

  6. 6

    東京五輪「呪われた開会式」大手メディアが決して書かない“舞台裏”をドキュメント

  7. 7

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  8. 8

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  9. 9

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

  10. 10

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

もっと見る