大丈夫か? 巨人ドラ1捕手・小林誠司の“超VIP”待遇

公開日: 更新日:

 巨人の補強が着々と進んでいる。二塁は中日を退団した井端弘和(38)、西武からFAの片岡治大(30)、投手は同じく広島からFAの大竹寛(30)の入団が濃厚となっている。補強ポイントとしていた「二塁」と「先発投手」を確実に埋めている一方、もうひとつの「即戦力捕手」はドラフト1位で日本生命の小林誠司(24)を獲得したことで、日本ハムからFA宣言した鶴岡慎也(32)の獲得は見送った。

 片岡の入団が正式決定すれば、レギュラーはほぼ固定される。原辰徳監督(55)には正捕手の阿部慎之助(34)を一塁で使いつつ、小林を「8番・捕手」で育成しながら起用する構想があるという。

 来春のキャンプからは“専属コーチ”もつくようだ。主将でもある阿部が手ぐすね引いているというのである。阿部は毎年、自主トレに後輩選手を同行させ、打撃指導や技術などを伝授する“教え魔”。とはいえ、小林は「即戦力捕手」の触れ込みで、一応、ポジションを奪われるかもしれないライバルでもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  2. 2

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  3. 3

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    錦戸亮の大誤算…コロナ禍と新人活躍でドラマオファーなし

  6. 6

    「収束後は」って何?くだらないことに税金使うって話だろ

  7. 7

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  8. 8

    世界で猛威のコロナウイルスを商標出願したのはあの人物!

  9. 9

    手薄なコロナ対策 世界の家計支援から浮く日本の冷酷非情

  10. 10

    30万円給付は7月? 安倍政権「コロナ補償」に悪評ふんぷん

もっと見る