• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マー君100億円争奪戦 メジャー14球団参戦のカラクリ

投稿日:  更新日:

 田中将大(25)の代理人を務めるケーシー・クロース氏(50)の元には当初、メジャー14球団から獲得の申し入れがあったといわれる。しかも、その大半が移籍金の20億円とは別に、年俸総額70億円以上のカネを出す用意があるらしい。

 年明けは6日(日本時間7日)から代理人と球団の交渉が再開。交渉期限の25日まで残り20日間を切って、中には争奪戦から降りた球団もあるだろうが、一時はメジャーの約半数の球団が100億円近くを払う意思があったことになる。まだメジャーで一球も投げていない投手に、多くの球団がなおかつ莫大な投資をする、いや、できるのはなぜか。

「14球団のうち5球団くらいは、GMのアリバイづくりの可能性がある。彼らは球団のオーナーや経営陣に対して、ウチは目玉の田中を取りにいっていますよ、指をくわえて見ているわけじゃありませんよ、という姿勢をアピールしているのでしょう。総額100億円を超す争奪戦になった場合に、それだけのカネを使えるチームとなると限られますが、それでも資金力で劣る球団が金満球団に太刀打ちできる方法もないわけではありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  8. 8

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る