マー君100億円争奪戦 メジャー14球団参戦のカラクリ

公開日:  更新日:

 田中将大(25)の代理人を務めるケーシー・クロース氏(50)の元には当初、メジャー14球団から獲得の申し入れがあったといわれる。しかも、その大半が移籍金の20億円とは別に、年俸総額70億円以上のカネを出す用意があるらしい。

 年明けは6日(日本時間7日)から代理人と球団の交渉が再開。交渉期限の25日まで残り20日間を切って、中には争奪戦から降りた球団もあるだろうが、一時はメジャーの約半数の球団が100億円近くを払う意思があったことになる。まだメジャーで一球も投げていない投手に、多くの球団がなおかつ莫大な投資をする、いや、できるのはなぜか。

「14球団のうち5球団くらいは、GMのアリバイづくりの可能性がある。彼らは球団のオーナーや経営陣に対して、ウチは目玉の田中を取りにいっていますよ、指をくわえて見ているわけじゃありませんよ、という姿勢をアピールしているのでしょう。総額100億円を超す争奪戦になった場合に、それだけのカネを使えるチームとなると限られますが、それでも資金力で劣る球団が金満球団に太刀打ちできる方法もないわけではありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る