マー君100億円争奪戦 メジャー14球団参戦のカラクリ

公開日: 更新日:

 田中将大(25)の代理人を務めるケーシー・クロース氏(50)の元には当初、メジャー14球団から獲得の申し入れがあったといわれる。しかも、その大半が移籍金の20億円とは別に、年俸総額70億円以上のカネを出す用意があるらしい。

 年明けは6日(日本時間7日)から代理人と球団の交渉が再開。交渉期限の25日まで残り20日間を切って、中には争奪戦から降りた球団もあるだろうが、一時はメジャーの約半数の球団が100億円近くを払う意思があったことになる。まだメジャーで一球も投げていない投手に、多くの球団がなおかつ莫大な投資をする、いや、できるのはなぜか。

「14球団のうち5球団くらいは、GMのアリバイづくりの可能性がある。彼らは球団のオーナーや経営陣に対して、ウチは目玉の田中を取りにいっていますよ、指をくわえて見ているわけじゃありませんよ、という姿勢をアピールしているのでしょう。総額100億円を超す争奪戦になった場合に、それだけのカネを使えるチームとなると限られますが、それでも資金力で劣る球団が金満球団に太刀打ちできる方法もないわけではありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  2. 2

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  3. 3

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  4. 4

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  5. 5

    復帰のめど立たず 休演を予測させた最後の「海老蔵歌舞伎」

  6. 6

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  7. 7

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  8. 8

    戦略的投票で改憲勢力3分の2を阻止 国の命運握る17選挙区

  9. 9

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  10. 10

    闇営業で宮迫博之が消えたら後釜に座りそうな芸人は誰か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る