日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マー君争奪戦 「本命」マリナーズはいきなり脱落の可能性も

「マリナーズが本命とは言い切れませんよ」
 こう言うのは、メジャーに詳しいスポーツライターの友成那智氏。7日から交渉が本格化する田中将大(25)の移籍先情報について、懐疑的な見方をするのである。

 この「マリナーズ本命説」を報じたのは、米スポーツ専門局の「ESPN」(電子版)。先日、田中の移籍先有力球団のランキングを発表し、1位に推したのがマリナーズだった。理由はイチロー、岩隈ら日本人選手を獲得して日本人選手に理解があること、総年俸1億ドル(約105億円)の攻防といわれる争奪戦にも対抗しうる資金力があること、などだ。

「たしかに、マリナーズは日本企業の任天堂の米国法人が筆頭株主であり、日本人選手には理解がある。シアトルの住環境も良いのですが……」と、冒頭の友成氏がこう続けた。

「資金力については、ヤンキース、ドジャースらの金満球団に比べれば豊富ではない。任天堂アメリカの経営状況も決して良いとはいえません。5年ほど前には1億2000万ドルの人件費をつぎ込んだが、近年は8000万ドル程度。さらに金庫からドルを引っ張り出せるかといえば疑問です。強打者のカノをヤンキースから10年総額2億4000万ドルで強奪し、すでにかなりの資金を使っています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事