マー君争奪戦 「本命」マリナーズはいきなり脱落の可能性も

公開日:  更新日:

「マリナーズが本命とは言い切れませんよ」
 こう言うのは、メジャーに詳しいスポーツライターの友成那智氏。7日から交渉が本格化する田中将大(25)の移籍先情報について、懐疑的な見方をするのである。

 この「マリナーズ本命説」を報じたのは、米スポーツ専門局の「ESPN」(電子版)。先日、田中の移籍先有力球団のランキングを発表し、1位に推したのがマリナーズだった。理由はイチロー、岩隈ら日本人選手を獲得して日本人選手に理解があること、総年俸1億ドル(約105億円)の攻防といわれる争奪戦にも対抗しうる資金力があること、などだ。

「たしかに、マリナーズは日本企業の任天堂の米国法人が筆頭株主であり、日本人選手には理解がある。シアトルの住環境も良いのですが……」と、冒頭の友成氏がこう続けた。

「資金力については、ヤンキース、ドジャースらの金満球団に比べれば豊富ではない。任天堂アメリカの経営状況も決して良いとはいえません。5年ほど前には1億2000万ドルの人件費をつぎ込んだが、近年は8000万ドル程度。さらに金庫からドルを引っ張り出せるかといえば疑問です。強打者のカノをヤンキースから10年総額2億4000万ドルで強奪し、すでにかなりの資金を使っています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

もっと見る