マー君100億円争奪戦 メジャー14球団参戦のカラクリ

公開日: 更新日:

 と、アメリカ野球愛好会代表補佐の鈴村裕輔氏がこう解説する。

■資金力で劣る球団の裏ワザ

「起用法ですよ。例えばケガさえなければ、年間通じて先発として使うという契約を結ぶのは不可能ではない。GMがオーナーや球団社長ら経営陣の許可なしにそんなことをすれば、越権行為でガバナンス違反になりかねません。かつてドジャースが中村紀をマイナーに降格させたとき、当時のデポデスタGMはわざわざ『元監督のラソーダ副社長の推薦で獲得してメジャーでも使ったが、結果が出なかったので落とした』と説明したほど。言い換えれば経営陣の同意さえ得れば、起用法を契約に盛り込むこともできるのです。先発にとってローテを長期間保証してもらえるというのはある意味、金銭以上に大きいですから」

 今オフのFA市場に出回っている先発投手が、不作を通り越して凶作という背景も大きい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    古谷経衡さんが憂う有権者の劣化 日本の知性の底が抜けた

  2. 2

    故・田宮二郎氏長男 柴田光太郎さん「心臓手術で命を…」

  3. 3

    横浜の誘致表明で…米カジノ最大手が大阪から撤退の衝撃

  4. 4

    視聴率低迷のNHK大河「いだてん」には致命的な見落としが

  5. 5

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  6. 6

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  7. 7

    「カジノではなくF1とディズニーを」“ハマのドン”が激怒

  8. 8

    「特撰すきやき重」完売 吉野家の株主還元は年8000円相当

  9. 9

    水野美紀は新悪女王「奪い愛、夏」で見せる菜々緒との違い

  10. 10

    有権者が賢くないと政治が乱れる見本

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る