メジャー球団 マー君の「投げすぎ」危惧も代理人に電話攻勢

公開日: 更新日:

 田中将大(25)の渡米目的は、代理人のケーシー・クロース氏(50)とともにメジャー球団幹部と面談すること。本拠地の都市や球団の施設などを自分の目で確かめる格好の機会になる。

 なにしろ田中には当初14球団が獲得に興味を示したといわれる。それが半分の7つに絞られたという報道があり、今回の渡米でさらにふるいにかけるともっぱらだが、「クロースの携帯電話を鳴らす球団は減るどころか14より増えた」(西海岸の代理人関係者)という。

 今年のFAは特に先発が不足で、確実に2ケタ勝利を見込める投手がほとんどいない。だったらカネはかかってもエースになれる大物を獲得した方が得策と判断、かねて補強資金をプールしていた球団が意外にも多い。そういった球団が、ここにきて軒並み田中にシフトし始めたというのだ。

 球団を絞り込むどころか、田中の選択肢はさらに広がりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  9. 9

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  10. 10

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

もっと見る