• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

メジャー球団 マー君の「投げすぎ」危惧も代理人に電話攻勢

 田中将大(25)の渡米目的は、代理人のケーシー・クロース氏(50)とともにメジャー球団幹部と面談すること。本拠地の都市や球団の施設などを自分の目で確かめる格好の機会になる。

 なにしろ田中には当初14球団が獲得に興味を示したといわれる。それが半分の7つに絞られたという報道があり、今回の渡米でさらにふるいにかけるともっぱらだが、「クロースの携帯電話を鳴らす球団は減るどころか14より増えた」(西海岸の代理人関係者)という。

 今年のFAは特に先発が不足で、確実に2ケタ勝利を見込める投手がほとんどいない。だったらカネはかかってもエースになれる大物を獲得した方が得策と判断、かねて補強資金をプールしていた球団が意外にも多い。そういった球団が、ここにきて軒並み田中にシフトし始めたというのだ。

 球団を絞り込むどころか、田中の選択肢はさらに広がりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ブームが去って「残念!」…ギター侍・波田陽区さんは今

  2. 2

    学長会見は“ガキの使い” 日大理事長が絶対表に出ない理由

  3. 3

    元財務省・田中秀明氏 官僚の「政治化」が生んだ忖度体質

  4. 4

    石原さとみに未練か “決断できない男”山下智久に心配の声

  5. 5

    日ロ会談は成果ゼロ プーチンに見切られた安倍首相の末路

  6. 6

    遺族の感情逆なで 堀内議員“高プロ”強行採決で大ハシャギ

  7. 7

    TVから消え10年超…小橋賢児さんイベント仕掛人になるまで

  8. 8

    天敵の籠池氏保釈で“劇場”再燃 高まる「6.20会期末解散」

  9. 9

    田中圭「おっさんずラブ」 女性ファン狂喜乱舞の“肉体美”

  10. 10

    テレ朝の刑事ドラマを追撃 “ダークな二宮和也”の心意気

もっと見る