マー君メジャー入りで大事なのは人間関係より「情報漏洩防止」

公開日: 更新日:

 田中将大(25)がメジャー挑戦にあたって選んだ代理人はケーシー・クロース(50)。

 同氏はヤンキースのキャプテンを務めるジーター(39)や、サイ・ヤング賞投手であるドジャースのカーショー(25)とグレインキー(30)ら大物を顧客に持つスゴ腕の代理人として知られる。

 過去の日本人メジャーリーガーといえば、代理人も前にならえといったあんばい。松井秀喜、松井稼頭央、藤川球児やダルビッシュのアーン・テレムをはじめ、佐々木主浩やイチローのトニー・アタナシオ、松坂大輔や川崎宗則のマーク・ピーパーらが人気どころ。知人や先輩の紹介やコネで決まるケースが圧倒的だった。すでに日本人選手とのパイプが出来上がっている代理人がほとんどだったものの、田中が選んだクロースはこれまで日本人選手を担当した経験がない。テレムらに比べて“ハンディ”がありそうな気もするが、しかし、日本人選手に不慣れなことこそが田中の狙いだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  9. 9

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  10. 10

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

もっと見る