マー君メジャー入りで大事なのは人間関係より「情報漏洩防止」

公開日:  更新日:

 田中将大(25)がメジャー挑戦にあたって選んだ代理人はケーシー・クロース(50)。

 同氏はヤンキースのキャプテンを務めるジーター(39)や、サイ・ヤング賞投手であるドジャースのカーショー(25)とグレインキー(30)ら大物を顧客に持つスゴ腕の代理人として知られる。

 過去の日本人メジャーリーガーといえば、代理人も前にならえといったあんばい。松井秀喜、松井稼頭央、藤川球児やダルビッシュのアーン・テレムをはじめ、佐々木主浩やイチローのトニー・アタナシオ、松坂大輔や川崎宗則のマーク・ピーパーらが人気どころ。知人や先輩の紹介やコネで決まるケースが圧倒的だった。すでに日本人選手とのパイプが出来上がっている代理人がほとんどだったものの、田中が選んだクロースはこれまで日本人選手を担当した経験がない。テレムらに比べて“ハンディ”がありそうな気もするが、しかし、日本人選手に不慣れなことこそが田中の狙いだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る