• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

小久保監督はやる気満々も…「侍ジャパン」のお寒い現実

「今のトップを頭に置いている」

 野球日本代表の小久保裕紀監督(42)がこう言った。22日に開かれた「侍ジャパン」のスタッフ会議に出席。11月に開催予定の強化試合に、トップ選手を集めて臨む意向を示した。

 昨秋の台湾との強化試合は若手主体で戦った。が、「次は本番に近いメンバーになる」と小久保監督。2月1日からは、12球団の春季キャンプに足を運び、チーム編成を固めると意気込んだ。

「本人はヤル気満々とはいえ、問題は周囲の協力体制。なにしろ、次の第4回WBCは3年後の2017年ですからね。各球団も選手も、まだ現実として意識していない。若手主体で臨まざるを得なかった昨秋の台湾戦がまさにそうで、各球団から出場可能選手のリストを提出してもらったが、中には一軍経験者をひとりも推薦しなかった球団もあったくらい。この日のスタッフ会議も出席したのは小久保監督と侍ジャパンの事務方だけ。コーチ陣は秋の台湾戦のみで解散し、11月の強化試合の前に改めて人選して招聘(しょうへい)することになっている。そのコーチ陣も強化試合のギャラは日給制で、金額は1日3万円とか5万円といわれているから、なり手を探すのに四苦八苦するでしょうからね」(球界関係者)

 サッカーと違って、野球の日本代表が盛り上がるのはWBC本番だけというのが現状。ユニホームの盗難騒ぎくらいしか話題にならないのでは、小久保監督もむなしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る