小久保ジャパン台湾戦 4回8Kヤクルト小川が振り切ったわけ

公開日: 更新日:

 最多勝のタイトルに恥じない投球だった。
 8日から始まった、新生侍ジャパンと台湾代表の強化試合。初戦のマウンドに上がったのが、ヤクルトのルーキー、小川泰弘(23)だ。

 初回に1点を失ったものの、二回以降はノーヒット。4回を投げ、2安打1失点8奪三振と、台湾代表をキリキリ舞いさせた。

 この日の活躍で、「そういえば小川って、タイトルを取った新人だっけ」と思い出した野球ファンも多いのではないか。

 ノーラン・ライアンばりに足を上げるフォームで、勝ち星を量産。16勝4敗、防御率2.93で堂々の最多勝に輝き、新人王も確実視されている。

 しかし、肝心のチームは最下位。ポストシーズンに出ない球団の話題は徐々に忘れ去られ、先発ローテが崩壊する中、新人ながら孤軍奮闘した小川の名前もいつしか遠いものになってしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  2. 2

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  3. 3

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  4. 4

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  5. 5

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  6. 6

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  9. 9

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  10. 10

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

もっと見る