• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

小久保ジャパン台湾戦 4回8Kヤクルト小川が振り切ったわけ

 最多勝のタイトルに恥じない投球だった。
 8日から始まった、新生侍ジャパンと台湾代表の強化試合。初戦のマウンドに上がったのが、ヤクルトのルーキー、小川泰弘(23)だ。

 初回に1点を失ったものの、二回以降はノーヒット。4回を投げ、2安打1失点8奪三振と、台湾代表をキリキリ舞いさせた。

 この日の活躍で、「そういえば小川って、タイトルを取った新人だっけ」と思い出した野球ファンも多いのではないか。

 ノーラン・ライアンばりに足を上げるフォームで、勝ち星を量産。16勝4敗、防御率2.93で堂々の最多勝に輝き、新人王も確実視されている。

 しかし、肝心のチームは最下位。ポストシーズンに出ない球団の話題は徐々に忘れ去られ、先発ローテが崩壊する中、新人ながら孤軍奮闘した小川の名前もいつしか遠いものになってしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

  10. 10

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

もっと見る