小久保ジャパン台湾戦 4回8Kヤクルト小川が振り切ったわけ

公開日: 更新日:

 最多勝のタイトルに恥じない投球だった。
 8日から始まった、新生侍ジャパンと台湾代表の強化試合。初戦のマウンドに上がったのが、ヤクルトのルーキー、小川泰弘(23)だ。

 初回に1点を失ったものの、二回以降はノーヒット。4回を投げ、2安打1失点8奪三振と、台湾代表をキリキリ舞いさせた。

 この日の活躍で、「そういえば小川って、タイトルを取った新人だっけ」と思い出した野球ファンも多いのではないか。

 ノーラン・ライアンばりに足を上げるフォームで、勝ち星を量産。16勝4敗、防御率2.93で堂々の最多勝に輝き、新人王も確実視されている。

 しかし、肝心のチームは最下位。ポストシーズンに出ない球団の話題は徐々に忘れ去られ、先発ローテが崩壊する中、新人ながら孤軍奮闘した小川の名前もいつしか遠いものになってしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  3. 3

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  4. 4

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  5. 5

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  6. 6

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  7. 7

    横山やすし師匠、あの理不尽な苦痛を俺は一生忘れません!

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  10. 10

    筧美和子は女優に転身…打ち切り「テラハ」元住人の現在地

もっと見る