日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

キャッシュマンGMも「リスクは承知」 マー君の不安材料は何か

「昨季の登板過多? 不安は否定しないが、タナカの才能と年齢、スカウトの報告を含めてリスクを承知で獲得すべきだと考えた」

 田中に161億円を投じたキャッシュマンGMはこう言った。ヤンキースが田中に対して抱く「不安」とは何か。

「キャッシュマンの右腕といわれるビリー・エプラーGM補佐が、田中を視察するためにわざわざ来日。作成したスカウティングリポートには、田中のある欠陥が記されていたそうです」と、さる代理人関係者がこう続ける。

「あの投球フォームは右手首に想像以上の負荷が掛かる、このままいけば2年以内に故障する可能性が高いという内容だったらしい。コントロールや変化球の切れ、精度はダル以上。非の打ちどころのない投手だが、ただ一点、田中の右手首の使い方が気になるというのがヤンキースの見立てだったといいます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事