キャッシュマンGMも「リスクは承知」 マー君の不安材料は何か

公開日: 更新日:

「昨季の登板過多? 不安は否定しないが、タナカの才能と年齢、スカウトの報告を含めてリスクを承知で獲得すべきだと考えた」

 田中に161億円を投じたキャッシュマンGMはこう言った。ヤンキースが田中に対して抱く「不安」とは何か。

「キャッシュマンの右腕といわれるビリー・エプラーGM補佐が、田中を視察するためにわざわざ来日。作成したスカウティングリポートには、田中のある欠陥が記されていたそうです」と、さる代理人関係者がこう続ける。

「あの投球フォームは右手首に想像以上の負荷が掛かる、このままいけば2年以内に故障する可能性が高いという内容だったらしい。コントロールや変化球の切れ、精度はダル以上。非の打ちどころのない投手だが、ただ一点、田中の右手首の使い方が気になるというのがヤンキースの見立てだったといいます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  3. 3

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  4. 4

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  5. 5

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  6. 6

    「東京アラート」は音なし…小池都知事は再選に向け蠢動中

  7. 7

    テラハ問題でも変らない バラエティーの常識は世の非常識

  8. 8

    議事録を残さないのは議論を隠蔽して闇に葬り去るためか

  9. 9

    国民の怒り再燃 全戸配布で沸き起こる“アベノマスクの乱”

  10. 10

    MLBが報酬巡り迷走 エ軍大谷はどっちに転んでもひとり勝ち

もっと見る