キャッシュマンGMも「リスクは承知」 マー君の不安材料は何か

公開日: 更新日:

「昨季の登板過多? 不安は否定しないが、タナカの才能と年齢、スカウトの報告を含めてリスクを承知で獲得すべきだと考えた」

 田中に161億円を投じたキャッシュマンGMはこう言った。ヤンキースが田中に対して抱く「不安」とは何か。

「キャッシュマンの右腕といわれるビリー・エプラーGM補佐が、田中を視察するためにわざわざ来日。作成したスカウティングリポートには、田中のある欠陥が記されていたそうです」と、さる代理人関係者がこう続ける。

「あの投球フォームは右手首に想像以上の負荷が掛かる、このままいけば2年以内に故障する可能性が高いという内容だったらしい。コントロールや変化球の切れ、精度はダル以上。非の打ちどころのない投手だが、ただ一点、田中の右手首の使い方が気になるというのがヤンキースの見立てだったといいます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  4. 4

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  5. 5

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  6. 6

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  7. 7

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  8. 8

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  9. 9

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  10. 10

    格差容認、中韓嫌い 安倍4選を支持する強固な3割の正体

もっと見る