決勝アシスト! ミラン本田を発奮させた“ライバル”の加入

公開日: 更新日:

 名門ミランの「背番号10」が、移籍後初のフル出場を果たした試合で決定的な仕事をこなした。

 敵地でのカリアリ戦に先発出場したFW本田圭佑(27)が1―1の同点で迎えた89分、絶妙右CKを蹴り入れてFWパッツィーニの逆転ゴールをお膳立てしたのである。

 公式戦2試合ぶりに先発した本田。指定席のトップ下ではなく、2列目右サイドでプレー。トップ下にはMFカカが、左サイドにはFWロビーニョが入り、1トップにFWバロテッリの布陣だ。

 本田は18分、バロテッリのパスを受けてGKと1対1。右足シュートは惜しくもGK正面を突いた。39分には右からのクロスに好反応。DF2人の間に割って入ってフリーになり、ドンピシャのタイミングでヘディングシュート! しかし、またもやGK正面を突いてしまい、これには本田自身も両手のひらをパチンと叩いて悔しがるばかり。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  7. 7

    権勢にしがみつき私情優先 野党結集を邪魔する「新6人衆」

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る