イタリア杯敗退 ミラン本田「背番号10失格」のブーイング

公開日: 更新日:

 イタリア杯準々決勝のミラン―ウディネーゼ戦(日本時間23日午前5時開始)が終わるとテレビ画面に「本田 後半途中出場も見せ場作れず」のテロップが流れた。この日の本田圭佑(27)の出来栄えを的確に言い表していた。

 地元での一戦に本田はベンチスタート。年明けのミラン移籍で実戦から1カ月遠ざかり、12日のセリエAサッスオーロ戦から8日間で3試合をこなして疲労困憊(こんぱい)。コンディション面を配慮した上での温存である。

 前半6分、ミランはMFビルサのクロスにエースFWバロテッリが右足で合わせ、あっさりと先制。しかし、ここから追加点を奪えず、相手のカウンター攻撃に受け身に回って逆転される――という今季セリエAの戦いぶりそのものだった。

 後半33分に逆転弾を許し、残り10分にミランのセードルフ監督は「背番号10」本田をピッチに送り出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  3. 3

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  4. 4

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  5. 5

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  6. 6

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  7. 7

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  8. 8

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  9. 9

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  10. 10

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

もっと見る