日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

イタリア杯敗退 ミラン本田「背番号10失格」のブーイング

 イタリア杯準々決勝のミラン―ウディネーゼ戦(日本時間23日午前5時開始)が終わるとテレビ画面に「本田 後半途中出場も見せ場作れず」のテロップが流れた。この日の本田圭佑(27)の出来栄えを的確に言い表していた。

 地元での一戦に本田はベンチスタート。年明けのミラン移籍で実戦から1カ月遠ざかり、12日のセリエAサッスオーロ戦から8日間で3試合をこなして疲労困憊(こんぱい)。コンディション面を配慮した上での温存である。

 前半6分、ミランはMFビルサのクロスにエースFWバロテッリが右足で合わせ、あっさりと先制。しかし、ここから追加点を奪えず、相手のカウンター攻撃に受け身に回って逆転される――という今季セリエAの戦いぶりそのものだった。

 後半33分に逆転弾を許し、残り10分にミランのセードルフ監督は「背番号10」本田をピッチに送り出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事