日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

講演、取材に引っ張りダコも…阪神・掛布DCの寂しいフトコロ

 今オフ、25年ぶりに阪神に復帰した掛布DC(58=GM付育成&打撃コーディネーター)が大人気だ。

 秋季キャンプで現場復帰するや、マスコミは掛布DCの一挙手一投足に注目。身ぶり手ぶりで熱血指導する「ミスタータイガース」は、阪神のオフの話題を独占した。

 掛布DCは近年、自身の借金問題などで仕事が減り、ピーク時には2億円あったという年収も激減したといわれている。今は阪神に所属しながらも球団から“副業”を許可されており、講演や野球教室などで多忙を極めている。

「でも、いくら掛布さんの人気、知名度があっても今のご時世、多くは望めない」
 とは、某阪神OB。

「10年以上前なら『阪神OB』という肩書があれば、最低でも講演会で50万、野球教室で30万円はもらえた。『掛布クラス』なら1回の講演会でその倍のギャラが出たはず。ただ、近年は世の不景気もあってか、関西の有名評論家でも野球教室やゴルフコンペで10万円をもらえれば御の字。私も最近、有名人が関西圏で主催した野球教室に行き、アゴアシ付きで25万円のギャラが出て大喜びしました。月収1000万円? いくら掛布さんでもそこまでは……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事