講演、取材に引っ張りダコも…阪神・掛布DCの寂しいフトコロ

公開日:  更新日:

 今オフ、25年ぶりに阪神に復帰した掛布DC(58=GM付育成&打撃コーディネーター)が大人気だ。

 秋季キャンプで現場復帰するや、マスコミは掛布DCの一挙手一投足に注目。身ぶり手ぶりで熱血指導する「ミスタータイガース」は、阪神のオフの話題を独占した。

 掛布DCは近年、自身の借金問題などで仕事が減り、ピーク時には2億円あったという年収も激減したといわれている。今は阪神に所属しながらも球団から“副業”を許可されており、講演や野球教室などで多忙を極めている。

「でも、いくら掛布さんの人気、知名度があっても今のご時世、多くは望めない」
 とは、某阪神OB。

「10年以上前なら『阪神OB』という肩書があれば、最低でも講演会で50万、野球教室で30万円はもらえた。『掛布クラス』なら1回の講演会でその倍のギャラが出たはず。ただ、近年は世の不景気もあってか、関西の有名評論家でも野球教室やゴルフコンペで10万円をもらえれば御の字。私も最近、有名人が関西圏で主催した野球教室に行き、アゴアシ付きで25万円のギャラが出て大喜びしました。月収1000万円? いくら掛布さんでもそこまでは……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

もっと見る