講演、取材に引っ張りダコも…阪神・掛布DCの寂しいフトコロ

公開日: 更新日:

 今オフ、25年ぶりに阪神に復帰した掛布DC(58=GM付育成&打撃コーディネーター)が大人気だ。

 秋季キャンプで現場復帰するや、マスコミは掛布DCの一挙手一投足に注目。身ぶり手ぶりで熱血指導する「ミスタータイガース」は、阪神のオフの話題を独占した。

 掛布DCは近年、自身の借金問題などで仕事が減り、ピーク時には2億円あったという年収も激減したといわれている。今は阪神に所属しながらも球団から“副業”を許可されており、講演や野球教室などで多忙を極めている。

「でも、いくら掛布さんの人気、知名度があっても今のご時世、多くは望めない」
 とは、某阪神OB。

「10年以上前なら『阪神OB』という肩書があれば、最低でも講演会で50万、野球教室で30万円はもらえた。『掛布クラス』なら1回の講演会でその倍のギャラが出たはず。ただ、近年は世の不景気もあってか、関西の有名評論家でも野球教室やゴルフコンペで10万円をもらえれば御の字。私も最近、有名人が関西圏で主催した野球教室に行き、アゴアシ付きで25万円のギャラが出て大喜びしました。月収1000万円? いくら掛布さんでもそこまでは……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  7. 7

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  8. 8

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  9. 9

    山崎製パン 飯島延浩社長 軍隊的な異色経営の後継者は?

  10. 10

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

もっと見る