海外勢は歌手兼業も…メダルなし日本女子にも「遊び」は必要

公開日:  更新日:

 ソチ五輪で日本女子が“全滅”だ。今大会、男子を尻目に女子はアイスホッケー、カーリングで出場権を獲得。スピードスケート代表も女子10人、男子7人で、日本代表113人のうち65人が女子。ジャンプの高梨沙羅(17)、モーグルの上村愛子(34)、スピードスケートの小平奈緒(27)らにメダルの期待がかけられていたが、ここまでゼロ(男子は金1、銀3、銅2の6個)。92年アルベールビル大会から6大会連続で日本女子はメダルを取っていた。その記録も途切れそうだ。

 アイスホッケーは18日の7、8位決定戦でドイツに2―3で敗れて5戦全敗。カーリングも、目標だった決勝トーナメント進出を果たせなかった。

 日本の女子選手は競技、練習に脇目も振らずに取り組むのが特徴だ。高梨は今季W杯13戦すべてに出場。トップ選手で全戦に出場しているのは高梨だけだ。小平はスクワットで150キロ、ベンチプレスで77キロを挙げ、トイレに筋肉の図を張って筋力アップに取り組んだという。その一途さは、時に悲壮感すら覚えるほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    雄星メジャー“最後の壁” 球団ドクター難癖で買い叩き懸念

もっと見る