楽天・則本が自主トレで学んだマー君直伝の“意識改革”

公開日: 更新日:

 昨季は田中(ヤンキース)に次ぐリーグ2位タイの15勝を挙げ、満場一致で新人王を獲得。オフには田中と自主トレも行った。エースが抜けた今季は先発ローテの中心として期待がかかるも、評論家の中には「体が全然できていない。開幕に間に合うのか?」という声も聞かれる。そんな則本を直撃した。


――キャンプ序盤に「スローペースで調整する」と話していたが、やはり昨季の疲れもありますか。

「まあ、ないわけではないですけど…。今キャンプのテーマ、<球数を減らす>にも関係していますから。そもそも昨季は結果こそ出ましたが、自分の投球を確立したわけじゃないんですよ」

――どういうことですか。

「昨季は本当にたまたまですよ。自分の持っているものを全部出さなきゃいけないって気持ちで、自主トレから調子を上げていましたから。それで四球も多かった(リーグ4位の51個)ので、今季はキャンプ直前の全体ミーティングで<球数を減らそう>ということになりました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  4. 4

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  7. 7

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  10. 10

    長女も高級ブランド路線…工藤静香に指摘される“バブル臭”

もっと見る