楽天・則本が自主トレで学んだマー君直伝の“意識改革”

公開日:  更新日:

 昨季は田中(ヤンキース)に次ぐリーグ2位タイの15勝を挙げ、満場一致で新人王を獲得。オフには田中と自主トレも行った。エースが抜けた今季は先発ローテの中心として期待がかかるも、評論家の中には「体が全然できていない。開幕に間に合うのか?」という声も聞かれる。そんな則本を直撃した。


――キャンプ序盤に「スローペースで調整する」と話していたが、やはり昨季の疲れもありますか。

「まあ、ないわけではないですけど…。今キャンプのテーマ、<球数を減らす>にも関係していますから。そもそも昨季は結果こそ出ましたが、自分の投球を確立したわけじゃないんですよ」

――どういうことですか。

「昨季は本当にたまたまですよ。自分の持っているものを全部出さなきゃいけないって気持ちで、自主トレから調子を上げていましたから。それで四球も多かった(リーグ4位の51個)ので、今季はキャンプ直前の全体ミーティングで<球数を減らそう>ということになりました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る