楽天・則本が自主トレで学んだマー君直伝の“意識改革”

公開日: 更新日:

 昨季は田中(ヤンキース)に次ぐリーグ2位タイの15勝を挙げ、満場一致で新人王を獲得。オフには田中と自主トレも行った。エースが抜けた今季は先発ローテの中心として期待がかかるも、評論家の中には「体が全然できていない。開幕に間に合うのか?」という声も聞かれる。そんな則本を直撃した。


――キャンプ序盤に「スローペースで調整する」と話していたが、やはり昨季の疲れもありますか。

「まあ、ないわけではないですけど…。今キャンプのテーマ、<球数を減らす>にも関係していますから。そもそも昨季は結果こそ出ましたが、自分の投球を確立したわけじゃないんですよ」

――どういうことですか。

「昨季は本当にたまたまですよ。自分の持っているものを全部出さなきゃいけないって気持ちで、自主トレから調子を上げていましたから。それで四球も多かった(リーグ4位の51個)ので、今季はキャンプ直前の全体ミーティングで<球数を減らそう>ということになりました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  7. 7

    権勢にしがみつき私情優先 野党結集を邪魔する「新6人衆」

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る