• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大丈夫? チームは頼りにしてるのに、則本はすっかり“オフモード”

「あれで大丈夫かね」

 第6戦を前に周囲からこう囁かれているのが、日本シリーズ第5戦にリリーフ登板し、“熱投”を演じた則本(22=写真左)だ。第6戦の先発が田中だけに、「今季はもう(ボクが投げなくても)いいでしょう」と日本一は決まったとばかりに投げる気が失せてしまっている。

 確かにマー君はチームの絶対的エース。今季一度も負けていないのだから、則本がそう思うのも無理はない。しかし、日本シリーズは短期決戦。3連勝して4連敗したケースも過去にはある。田中は開幕からシーズンを通して先発ローテーションを守り、28試合に登板。CSファイナルステージでもロッテ相手に9回を投げきった先発登板(10月17日)に加え、中3日で1イニングの救援とフル稼働した。日本シリーズでも第2戦で9回127球を投げた。そろそろ蓄積疲労の影響が出始める頃。チームも第6戦の敗戦を想定したうえで、則本を第7戦のリリーフ要員として計算している。しかし、当の則本はすでに「オフモード」。第7戦に登板することになれば、気持ちの切り替えに不安が残る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  2. 2

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  3. 3

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  4. 4

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  5. 5

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  6. 6

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

  7. 7

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  8. 8

    スーパーボランティア尾畠氏 東京五輪で“政治利用”の懸念

  9. 9

    鈴木保奈美は月9復帰 フジテレビ秋改編で泣く人笑う人

  10. 10

    “ハイサイ、グスヨー、チューウカナビラ”は沖縄の強い意志

もっと見る