大丈夫? チームは頼りにしてるのに、則本はすっかり“オフモード”

公開日:  更新日:

「あれで大丈夫かね」

 第6戦を前に周囲からこう囁かれているのが、日本シリーズ第5戦にリリーフ登板し、“熱投”を演じた則本(22=写真左)だ。第6戦の先発が田中だけに、「今季はもう(ボクが投げなくても)いいでしょう」と日本一は決まったとばかりに投げる気が失せてしまっている。

 確かにマー君はチームの絶対的エース。今季一度も負けていないのだから、則本がそう思うのも無理はない。しかし、日本シリーズは短期決戦。3連勝して4連敗したケースも過去にはある。田中は開幕からシーズンを通して先発ローテーションを守り、28試合に登板。CSファイナルステージでもロッテ相手に9回を投げきった先発登板(10月17日)に加え、中3日で1イニングの救援とフル稼働した。日本シリーズでも第2戦で9回127球を投げた。そろそろ蓄積疲労の影響が出始める頃。チームも第6戦の敗戦を想定したうえで、則本を第7戦のリリーフ要員として計算している。しかし、当の則本はすでに「オフモード」。第7戦に登板することになれば、気持ちの切り替えに不安が残る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る