伝説の完全試合投手が伝授 「マー君がヤ軍で成功する秘訣」

公開日: 更新日:

 酒と女をこよなく愛し、いざ試合が始まれば絶妙のコントロールで相手を翻弄する。そんな伝説の元メジャー投手が今、ヤンキースの臨時投手コーチを務めている。デービッド・ウェルズ(50)のことだ。

 07年に引退するまでの計22年間で、メジャー通算239勝。98年のヤンキース時代には、二日酔いで完全試合を達成するなど、その破天荒かつ不摂生な生活ぶりはメジャーでも特異な存在だった。

 ウェルズは日本からやってきた160億円右腕をどう見ているのか。練習後に聞いてみると、現役時代と変わらぬ大声でこう話し始めた。

「タナカか? すでに何度か投球を間近で見たんだが、ここまでは順調だな。変化球も多彩で、一つ一つにキレがある。このままシーズン開幕まで、いい調整をして欲しいな」

 ヤンキースの首脳陣はキャンプイン以来、中4日の先発ローテーションに備え、田中の肉体、特に肩、ヒジを徹底してガードしている。日本で当たり前だった投げ込みは禁止、実戦さながらの打撃投手ですら球数を30球程度に制限される。ほぼ一日中、野球漬けのプロ野球とは対照的に、全体練習も午前中のわずか1時間という日がほとんどだ。例年に比べて、田中の練習量は明らかに落ちている。田中本人は「今は言われた通りにやるしかない」と割り切っているものの、ウェルズはこの点をどう考えるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  8. 8

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  9. 9

    今ごろインドを変異株指定…呑気な水際強化が招く次の恐怖

  10. 10

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

もっと見る