伝説の完全試合投手が伝授 「マー君がヤ軍で成功する秘訣」

公開日:  更新日:

 酒と女をこよなく愛し、いざ試合が始まれば絶妙のコントロールで相手を翻弄する。そんな伝説の元メジャー投手が今、ヤンキースの臨時投手コーチを務めている。デービッド・ウェルズ(50)のことだ。

 07年に引退するまでの計22年間で、メジャー通算239勝。98年のヤンキース時代には、二日酔いで完全試合を達成するなど、その破天荒かつ不摂生な生活ぶりはメジャーでも特異な存在だった。

 ウェルズは日本からやってきた160億円右腕をどう見ているのか。練習後に聞いてみると、現役時代と変わらぬ大声でこう話し始めた。

「タナカか? すでに何度か投球を間近で見たんだが、ここまでは順調だな。変化球も多彩で、一つ一つにキレがある。このままシーズン開幕まで、いい調整をして欲しいな」

 ヤンキースの首脳陣はキャンプイン以来、中4日の先発ローテーションに備え、田中の肉体、特に肩、ヒジを徹底してガードしている。日本で当たり前だった投げ込みは禁止、実戦さながらの打撃投手ですら球数を30球程度に制限される。ほぼ一日中、野球漬けのプロ野球とは対照的に、全体練習も午前中のわずか1時間という日がほとんどだ。例年に比べて、田中の練習量は明らかに落ちている。田中本人は「今は言われた通りにやるしかない」と割り切っているものの、ウェルズはこの点をどう考えるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る