伝説の完全試合投手が伝授 「マー君がヤ軍で成功する秘訣」

公開日: 更新日:

 酒と女をこよなく愛し、いざ試合が始まれば絶妙のコントロールで相手を翻弄する。そんな伝説の元メジャー投手が今、ヤンキースの臨時投手コーチを務めている。デービッド・ウェルズ(50)のことだ。

 07年に引退するまでの計22年間で、メジャー通算239勝。98年のヤンキース時代には、二日酔いで完全試合を達成するなど、その破天荒かつ不摂生な生活ぶりはメジャーでも特異な存在だった。

 ウェルズは日本からやってきた160億円右腕をどう見ているのか。練習後に聞いてみると、現役時代と変わらぬ大声でこう話し始めた。

「タナカか? すでに何度か投球を間近で見たんだが、ここまでは順調だな。変化球も多彩で、一つ一つにキレがある。このままシーズン開幕まで、いい調整をして欲しいな」

 ヤンキースの首脳陣はキャンプイン以来、中4日の先発ローテーションに備え、田中の肉体、特に肩、ヒジを徹底してガードしている。日本で当たり前だった投げ込みは禁止、実戦さながらの打撃投手ですら球数を30球程度に制限される。ほぼ一日中、野球漬けのプロ野球とは対照的に、全体練習も午前中のわずか1時間という日がほとんどだ。例年に比べて、田中の練習量は明らかに落ちている。田中本人は「今は言われた通りにやるしかない」と割り切っているものの、ウェルズはこの点をどう考えるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  5. 5

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  6. 6

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  7. 7

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  8. 8

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  9. 9

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

  10. 10

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

もっと見る