今季も期待薄 「なぜ再契約」まで言われるオリ井川の貧投

公開日:  更新日:

「オリックスはなんで再契約したんだろう」

 他球団からそんな声が上がっているのが、7日の巨人戦に先発した井川慶(34)だ。3回を投げて9安打5失点と散々。「変化球がうまくいかなかった」と反省。オープン戦だから勝った負けたは関係ないとはいえ、ピリッとしない投球は相変わらずだった。

 井川は11年オフにヤンキースとの5年契約が切れると、オリックスが年俸1億円プラス出来高の2年契約を結ぶ。ところが、度重なる故障でこの2年間は通算21試合で5勝10敗。今季は年俸が6000万円に下がっての再契約も、この日の投球を見る限りたいした戦力にはならないだろう。

「オリックスは見る目がない」というライバル球団の声はもっともだが、それをいうならヤンキースだろう。

 こんな左腕に当時の金で約30億円もの入札金を払って交渉権を獲得し、5年総額で約25億円の大型契約を結びながら、5年間でたった16試合にしか登板せず2勝4敗。ほとんどマイナー暮らしだった。日本球界復帰の際は、阪神時代の恩師である楽天の星野監督も腰を上げたが、結局は手を引いた。「5球見れば投手はわかる」という恩師の判断は正しかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る