今季も期待薄 「なぜ再契約」まで言われるオリ井川の貧投

公開日: 更新日:

「オリックスはなんで再契約したんだろう」

 他球団からそんな声が上がっているのが、7日の巨人戦に先発した井川慶(34)だ。3回を投げて9安打5失点と散々。「変化球がうまくいかなかった」と反省。オープン戦だから勝った負けたは関係ないとはいえ、ピリッとしない投球は相変わらずだった。

 井川は11年オフにヤンキースとの5年契約が切れると、オリックスが年俸1億円プラス出来高の2年契約を結ぶ。ところが、度重なる故障でこの2年間は通算21試合で5勝10敗。今季は年俸が6000万円に下がっての再契約も、この日の投球を見る限りたいした戦力にはならないだろう。

「オリックスは見る目がない」というライバル球団の声はもっともだが、それをいうならヤンキースだろう。

 こんな左腕に当時の金で約30億円もの入札金を払って交渉権を獲得し、5年総額で約25億円の大型契約を結びながら、5年間でたった16試合にしか登板せず2勝4敗。ほとんどマイナー暮らしだった。日本球界復帰の際は、阪神時代の恩師である楽天の星野監督も腰を上げたが、結局は手を引いた。「5球見れば投手はわかる」という恩師の判断は正しかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  7. 7

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る