今季も期待薄 「なぜ再契約」まで言われるオリ井川の貧投

公開日: 更新日:

オリックスはなんで再契約したんだろう」

 他球団からそんな声が上がっているのが、7日の巨人戦に先発した井川慶(34)だ。3回を投げて9安打5失点と散々。「変化球がうまくいかなかった」と反省。オープン戦だから勝った負けたは関係ないとはいえ、ピリッとしない投球は相変わらずだった。

 井川は11年オフにヤンキースとの5年契約が切れると、オリックスが年俸1億円プラス出来高の2年契約を結ぶ。ところが、度重なる故障でこの2年間は通算21試合で5勝10敗。今季は年俸が6000万円に下がっての再契約も、この日の投球を見る限りたいした戦力にはならないだろう。

「オリックスは見る目がない」というライバル球団の声はもっともだが、それをいうならヤンキースだろう。

 こんな左腕に当時の金で約30億円もの入札金を払って交渉権を獲得し、5年総額で約25億円の大型契約を結びながら、5年間でたった16試合にしか登板せず2勝4敗。ほとんどマイナー暮らしだった。日本球界復帰の際は、阪神時代の恩師である楽天の星野監督も腰を上げたが、結局は手を引いた。「5球見れば投手はわかる」という恩師の判断は正しかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  5. 5

    競泳・池江璃花子ついに400mリレー登場も…「五輪出場は運命」発言“炎上”のナゼ

  6. 6

    東京五輪「呪われた開会式」大手メディアが決して書かない“舞台裏”をドキュメント

  7. 7

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  8. 8

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  9. 9

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

  10. 10

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

もっと見る