谷佳知の古巣復帰 狙いは「2000本」よりオリ監督!?

公開日:  更新日:

「名球会」入りはもちろん、将来を見据えての復帰だろう。オリックスが10日、巨人を自由契約となった谷佳知(40)の獲得を発表した。

 プロ17年目のベテランはここ数年、若手が成長する巨人で埋没。今季は二軍で打率.324をマークしながら、一軍出場はわずか13試合。順調にいけば到達すると思われた2000本安打も、残り79本で「足踏み」を余儀なくされた。8年ぶりの古巣復帰も出場機会を増やすためといわれるが、オリックスのチーム関係者は「理由はそれだけではないでしょう」とこう続ける。

「谷の頭の中には、将来のオリックス監督就任に向けての布石を打ちたいという思惑もあるはずです。思うような結果を残せなかった巨人では厳しいが、オリックスなら可能性はある。最後に古巣でひと花咲かせ、引退後はオリックス愛を前面に出しながら出世街道を歩みたいのではないか。このところ球団内には、生え抜き監督待望論みたいなものもありますしね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る