松井裕の完全デビューお膳立て 巨人から漏れる「悔恨」の声

公開日: 更新日:

「あーあ。やっぱりいい投手だな」
 巨人の関係者から、こんなため息が漏れ聞こえた。

 23日のオープン戦で、楽天先発の松井裕から1番・坂本と4番・村田が空振り三振。坂本が「(スライダーは)プロでも見ることのない球」と目を丸くすれば、3番・長野はバットをへし折られる遊ゴロだった。巨人打線は実戦初登板の高校生ルーキーにプロの洗礼を浴びせるどころか、2回完全デビューをお膳立てしてしまった。

 甲子園22奪三振の大会記録を持つドクターK左腕は、巨人だって欲しかった。しかし、昨季は沢村が5勝10敗、開幕投手の宮国も6勝7敗と先発ローテで回った若手が期待外れ。終盤戦には杉内も失速し、先発陣の不安が露呈したことで、昨秋ドラフトでは「巨人志望」ともいわれた松井裕の指名を回避。単独指名を狙い、「即戦力投手」として東京ガスの石川を1位指名したものの、ロッテに抽選で敗れるドジを踏んだ。結局、日本生命の捕手・小林を外れ1位で獲得した経緯がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    小倉優子「離婚危機」の行く末…夫反撃で世間の風向き一転

  4. 4

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  5. 5

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  6. 6

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  7. 7

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  10. 10

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

もっと見る