松井裕の完全デビューお膳立て 巨人から漏れる「悔恨」の声

公開日:  更新日:

「あーあ。やっぱりいい投手だな」
 巨人の関係者から、こんなため息が漏れ聞こえた。

 23日のオープン戦で、楽天先発の松井裕から1番・坂本と4番・村田が空振り三振。坂本が「(スライダーは)プロでも見ることのない球」と目を丸くすれば、3番・長野はバットをへし折られる遊ゴロだった。巨人打線は実戦初登板の高校生ルーキーにプロの洗礼を浴びせるどころか、2回完全デビューをお膳立てしてしまった。

 甲子園22奪三振の大会記録を持つドクターK左腕は、巨人だって欲しかった。しかし、昨季は沢村が5勝10敗、開幕投手の宮国も6勝7敗と先発ローテで回った若手が期待外れ。終盤戦には杉内も失速し、先発陣の不安が露呈したことで、昨秋ドラフトでは「巨人志望」ともいわれた松井裕の指名を回避。単独指名を狙い、「即戦力投手」として東京ガスの石川を1位指名したものの、ロッテに抽選で敗れるドジを踏んだ。結局、日本生命の捕手・小林を外れ1位で獲得した経緯がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る