松井裕の完全デビューお膳立て 巨人から漏れる「悔恨」の声

公開日: 更新日:

「あーあ。やっぱりいい投手だな」
 巨人の関係者から、こんなため息が漏れ聞こえた。

 23日のオープン戦で、楽天先発の松井裕から1番・坂本と4番・村田が空振り三振。坂本が「(スライダーは)プロでも見ることのない球」と目を丸くすれば、3番・長野はバットをへし折られる遊ゴロだった。巨人打線は実戦初登板の高校生ルーキーにプロの洗礼を浴びせるどころか、2回完全デビューをお膳立てしてしまった。

 甲子園22奪三振の大会記録を持つドクターK左腕は、巨人だって欲しかった。しかし、昨季は沢村が5勝10敗、開幕投手の宮国も6勝7敗と先発ローテで回った若手が期待外れ。終盤戦には杉内も失速し、先発陣の不安が露呈したことで、昨秋ドラフトでは「巨人志望」ともいわれた松井裕の指名を回避。単独指名を狙い、「即戦力投手」として東京ガスの石川を1位指名したものの、ロッテに抽選で敗れるドジを踏んだ。結局、日本生命の捕手・小林を外れ1位で獲得した経緯がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  7. 7

    権勢にしがみつき私情優先 野党結集を邪魔する「新6人衆」

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る