先輩も感心 松井裕は「コミュニケーション能力」も新人離れ

公開日:  更新日:

 3月1日卒業式のため、一時チームを離れた楽天の松井裕樹(18=桐光学園)。23日の巨人とのオープン戦では2回を無安打に抑え、開幕ローテ入りに期待がかかる。

 今後のオープン戦や練習試合の起用も、佐藤投手コーチはセ球団限定にするとほのめかしている。これも開幕ローテを念頭に置いているからこそだ。

 松井は巨人戦の前までは、どちらかといえば話題先行だった。連日マスコミが押しかけ、他の選手そっちのけで取材攻勢。過去にはこれで勘違いし、先輩選手に嫌われるルーキーもいた。

 例えば、日本ハムの中田は1年目、奔放すぎる言動が先輩選手の眉をひそめさせた。

 西武の菊池も「インテリぶってる」と距離を置かれていた。球団が話題性のあるルーキーを守ろうと必死になって他の選手から「えこひいき」と思われ、嫉妬されるケースもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る