最下位相手にスコアレスドロー…インテル長友、見せ場なし

公開日: 更新日:

 インテルが手痛いスコアレスドローを演じた。

 地元で対戦したカターニャは、今季敵地で10戦10敗と内弁慶ぶりを発揮して現在最下位。年明けから公式戦で勝ちがないインテルにとって、久々に勝ち点3が計算出来る相手だった。

 しかし、90分間を通して攻守に精彩を欠き、左MFで先発した長友佑都(27)も見せ場なし。勝ち点1を積み上げるにとどまり、EL出場圏内の5位に何とかとどまってはいるが、懸案の決定力不足は解消しておらず、前途多難である。

「ユベントスFWブチニッチとFWグアリンとの交換トレードをインテルが画策。移籍合意直前まで進んだが、破談になった」(サッカー記者)

 どんなに守って無失点に抑えようが、ゴールを奪って勝ち点を稼がないと順位アップは難しい。

 次節の相手は首位ユベントス。再びゴール欠乏症に悩まされる公算大である。早く今年初勝利が欲しいところだが……。

▼セリエA第21節(ミラノ)
インテル 0―0 カターニャ
(0―0 0―0)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  4. 4

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  5. 5

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  6. 6

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  7. 7

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  8. 8

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  9. 9

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  10. 10

    格差容認、中韓嫌い 安倍4選を支持する強固な3割の正体

もっと見る