日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マンU敗退で奇しくも証明 香川の居場所はやはり「トップ下」

 欧州CL準々決勝第2レグで王者バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)の地元に乗り込んだマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)は、2列目左サイドに香川真司(25)を先発させた。

 前半は両チームとも膠着(こうちやく)状態。試合が動いのは後半13分だ。マンUのFWバレンシアが右サイドを崩し、相手ゴール前にクロスを入れた。こぼれ球に左SBエブラが左足を振り抜くと、強烈シュートがゴールネットに突き刺さった。このまま逃げ切れば準決勝進出。しかし、アウェーチームのサポーターたちが、夢見心地だったのは「2分にも満たない」時間だった。

 1分半後。バイエルンのFWマンジュキッチが得意のヘディングで同点ゴールを決めたのだ。

 誰の目にもガックリのマンU選手。流れは一気にバイエルンに傾き、後半23分にはMFミュラーが逆転弾を、31分にはFWロッベンがトドメの一発をブチ込んでマンUの息の根を止めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事