• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

失点は序盤…スロースターター克服へマー君がすべきこと

投稿日:  更新日:

 これじゃ、デビュー戦と一緒じゃないか。毎回、同じ失敗を繰り返しているヤンキース・田中将大(25)のことだ。

 本拠地ヤンキースタジアムデビュー戦となった9日(日本時間10日)のオリオールズ戦は二回2死一、三塁から9番打者に甘く入ったスライダーを捉えられ、特大の3ランを許した。メジャーデビュー戦のブルージェイズ戦でも初回に一発を浴びており、これで2戦連続で序盤につまずいた。

 田中の立ち上がりの悪さは今に始まったわけではない。昨季まで所属した楽天時代も序盤に難があったし、CSや日本シリーズのリリーフ登板は不安定だった。

 日本ではコースが多少甘くても、致命傷にまで至るケースは少なかった。顔で抑えられたような部分もあったが、メジャーの打者は失投を見逃さない。甘いコースに投げれば、オリオールズ戦のように下位の打者にも痛打を浴びることになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  3. 3

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  4. 4

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  10. 10

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

もっと見る