• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

失点は序盤…スロースターター克服へマー君がすべきこと

 これじゃ、デビュー戦と一緒じゃないか。毎回、同じ失敗を繰り返しているヤンキース・田中将大(25)のことだ。

 本拠地ヤンキースタジアムデビュー戦となった9日(日本時間10日)のオリオールズ戦は二回2死一、三塁から9番打者に甘く入ったスライダーを捉えられ、特大の3ランを許した。メジャーデビュー戦のブルージェイズ戦でも初回に一発を浴びており、これで2戦連続で序盤につまずいた。

 田中の立ち上がりの悪さは今に始まったわけではない。昨季まで所属した楽天時代も序盤に難があったし、CSや日本シリーズのリリーフ登板は不安定だった。

 日本ではコースが多少甘くても、致命傷にまで至るケースは少なかった。顔で抑えられたような部分もあったが、メジャーの打者は失投を見逃さない。甘いコースに投げれば、オリオールズ戦のように下位の打者にも痛打を浴びることになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る