野球歴より信仰歴 「校長監督」で迷走するPL学園の事情

公開日:  更新日:

 高校野球の超名門校、PL学園の迷走が続いている。春季大阪大会の初戦を迎えた13日、昨秋の近畿大会に続いて指揮を執ったのは、野球経験ゼロの正井一真校長。ナインがサインを出し合い、清教学園に7-5で辛勝したものの、“校長監督”の顔は浮かなかった。
「候補者が浮上しては実現しない」

 7度の甲子園制覇を誇るPLは、部内での暴力事件など度重なる不祥事で昨年4月に前監督が退任。以降、監督は不在のままで、今春までに決定するはずだった新監督はいまだ見通しすら立たない状態が続いている。

「これまで80人超の卒業生をプロに送り込んでいるPLには人材がヤマほどいる。昨年、アマへの指導資格回復制度ができたこともあり、母校のピンチを救いたい、救ってもいい、というプロOBがいないことはないのだが、学校というより、教団上層部が不祥事続きの野球部への情熱を失っているって話だ。新監督には野球経験の有無は問わない。それより、PL教の教えを理解し、正しくそれを伝えられる人間がいい、との方針があるようで、人選が難航している」(高校野球関係者)

 重視するのは、野球歴より信仰歴。このまま“校長監督”が継続される可能性もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る